IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

ライティング表現力UP 英文法

IELTSライティングで、1回で二重にダメージを受けるミス

投稿日:2017年5月18日 更新日:

こんにちは。藤本です。

本日はIELTSのライティングでよく見かけるミスについて書いてみます。

それも結構ダメージの大きいミスについて。

 

それは代名詞の使い方です。

 

「代名詞は何かを指す」

これが大原則。

 

しかし、この大原則に反する代名詞を使う方が後を絶ちません。

このミスを犯すと、文法で減点されるのみならず、話の流れがよく分からなくなり、論理展開面でも減点になります。

1つのミスで二重に減点されるダメージの大きいミスです。

 

では、具体的にどんなミスがあるのでしょうか。

今日は特に頻度の高い3つのミスをご紹介します。

 

ミスその1 代名詞の単数形・複数形が合っていない

複数名詞を指しているはずなのにitを使っていたり、単数名詞を指しているはずなのにtheyを使っていたり。

こういうミスは結構起こりますよ。

 

(×)We use computers everyday, but should not depend too much on it.
「我々は毎日コンピュータを使っているが、それに依存し過ぎるべきではない」

 

このitはcomputersを指すはずですが、computersという複数形を指しているにもかかわらずitという単数になっています。

 

(〇)We use computers everyday, but should not depend too much on them.

 

これくらい単純な文章なら想像がつくのでまだ良いですが、複雑な文章では、itが単数の何かを指すと思って、computersとは気づかれない可能性もあります。

 

ミスその2 代名詞が何も指していない

代名詞は何かを指すはずなのに、何を指しているか全く不明な文章があります。

特にItから始まる構文を好む人は要注意です。

 

(×)We went to the restaurant. It was very delicious.
「我々はそのレストランに行った。その食事はおいしかった。」

 

このitは何を指すのでしょう?

まさかrestaurantじゃないですよね。

正しくは「レストランで食べたもの」が2つ目の文章の主語でなければなりません。

 

(〇)We went to the restaurant. What we ate there was very delicious.

 

このように、何も指さないitを主語にした文章を何となく作ってしまう人は多いです。気をつけましょう。

 

ミスその3 代名詞が指す内容が1つに特定できない

読者は、代名詞が何を指すか特定できれば内容を理解することが出来ます。

しかし、時に代名詞が指す候補が2つ以上あって、どちらを指すのか不明な文章があります。

 

(×)Today, smartphones have many useful functions. They are helpful to us.
「今日、スマートフォンはたくさんの役立つ機能がある。それらは私たちに有益である。」

 

このtheyは何を指すのでしょう?

smartphonesかもしれないし、functionsかもしれません。

どっちを取っても、2つ目の文章は意味が通じます。

このように指す候補が複数ある場合は、どちらを指すか分かるように記載する必要があります。

 

(〇)Today, smartphones have many useful functions. These communication devices are helpful to us.

 

こう書くと、主語はsmartphonesの方を指すことが明確になります。

代名詞だけだと何を指すかが曖昧になるという場合は、このThese+名詞、This+名詞という表現が何を指すか明確にするために便利な表現です。

 

 

代名詞は使い方は簡単ですが、気を抜くとこのようなミスをしてしまいますので、注意して使ってくださいね。

Have a good day!

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数2,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-ライティング表現力UP, 英文法
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

見たことない表現は大抵間違っている法則

こんにちは。藤本です。 今日はライティングの1つのマインドセットについて。 それは、 「自分で作った表現は大抵間違い」 ということです。 全部がそうとは言いませんが、自分がちょっとカッコ良さそうだと思 …

IELTS対策を始めた方に

こんにちは。藤本です。 先月末に新たな教材である「IELTSブースターパック」を販売開始しました。 リリース前は1週間ぐらい徹夜状態が続き、毎朝足がつるという状態が続きましたが、各方面のご協力を得て、 …

ライティングノートの作り方

こんにちは。藤本です。 「英作文は英借文」 という言葉があるように、ライティングを伸ばしていくには、良い表現をどんどん自分のものに吸収していかなければなりません。 で、その表現を吸収する際にお勧めして …

IELTSライティングはこの3つの助動詞を上手く使え

IELTSはさっさと卒業して光をつかめ! 藤本です。 「この方法を使うと必ずジャンケンに勝てる」 ってことあると思います? まあ、無いですよね(笑) 「この方法を使うとジャンケンに勝てるかもしれません …

日本語で考えると間違えがちな英文の例

こんにちは。藤本です。 今回はライティングでよくある誤りのお話をしたいと思います。 色々なパターンがありますが、今日は特に目立つポイントを1つだけ。 日本語で考えると間違えがちな同格という話です。 & …

登録者2,000名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

IELTS対策を始めたあなたに
IELTSブースターパック

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら

カテゴリー