IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

ライティング表現力UP

もっとカンタンに英作文を作れるパターン① 時・条件を示す従属節

投稿日:

こんにちは。藤本です。

最近、生徒さんのライティングを見ていて、もっとカンタンに英文にできるのに、わざわざ難しい英文を使って間違いになるケースがあるなー、と感じるポイントがあります。

そこでそのパターンとコツを本日から3回に分けて、ご紹介したいと思います。

 

今回は、「時・条件を示す従属節」についてお伝えしたいと思います。

これは私自身がライティングの練習をしているときに気付いたポイントでもあります。

 

時・条件を示す接続詞と言えば、多くの方はwhen, ifをすぐに思いつくと思います。

そして、以下のような日本文を英文にするときには、when, ifを使うことをすぐに思いつくでしょう。

「政府が増税したとき、多くの貧困層は問題に直面した」

「もし学校がコンピュータを導入したならば、生徒が能力を上げられるだろう」

この

「~なとき、~」

「もし~ならば、~」

というのはwhen, ifの直訳ですから、こういった表現が使われた日本語を英文にするときは、多くの方は躊躇なく、when, ifが使えると思います。

 

ところが、こんな文章になるとどうなるでしょう。

「政府の増税が、多くの貧困層を問題に直面させた」

「学校へのコンピュータの導入が、生徒の能力を上げるだろう」

 

この場合、多くの人が、「政府の増税」「学校へのコンピュータの導入」を主語にした無生物主語で乗り切ろうとします。

無生物主語そのものは悪い表現ではありません。

むしろ、ミスなく書ければ、引き締まった表現として評価されます。

 

しかし、ライティングで言うと5.5以下のスコアの人の多くは、「政府の増税」「学校へのコンピュータの導入」という表現を正しく句で示せなかったり、「直面させた」という使役表現ができなかったりして、結局ミスを含んだ文章を作ってしまいます。

 

主語と述語と目的語を含んだ節を句で表現するのは案外難しいです。

He studies English.

という単純な節を、句で表現しようとすると

studying English

とか

his study

とかといった形で、主語、述語、目的語のどこかが欠けがちになります。

だから、主語も述語も目的語もすべての情報を保ったまま節を句にするのは、結構難易度高いんですね。

 

この問題をどう考えれば良いのか?

 

日本語で見れば分かる通り

「政府の増税が、多くの貧困層を問題に直面させた」

という表現と

「政府が増税したとき、多くの貧困層は問題に直面した」

という表現は全く同じです。

 

だから

「政府の増税が、多くの貧困層を問題に直面させた」

であっても、普通にwhenを使って書けば良いのです。

 

にも関わらず、

「政府が増税したとき、多くの貧困層は問題に直面した」

という日本文からなら、whenを使って、ミスなく英文を作れる力があるのに

「政府の増税が、多くの貧困層を問題に直面させた」

という日本文を英訳しようとすると、無生物主語でとたんにミスを含んだ文章を書いてしまう人が多いです。

 

本当にもったいないです。

 

そしてさらに・・・

この無生物主語が正しく書ける人でも次のような文章になるとさらにミスする確率が上がります。

「政府が増税したことで、多くの貧困層を問題に直面させた」

「学校へのコンピュータの導入が行われると、生徒の能力を上げるだろう」

 

この「~したことで」や「~すると」が、when, ifと結びつかないんですね。

そうすると、無理矢理動名詞を使った主語を作ったり、分詞構文を使ったり、ますますミスする確率が高まる構文を選択していくことになります。

 

繰り返しますが、when, ifを使えば正しい文章が書ける方は多いんです。

ただ日本文からこのカンタンな表現が思いつかないことで損をしている、というわけです。

 

「もし~ならば」「~なとき」「(無生物主語)が」「~したことで」「~すると」などを見たら、when, ifがぱっと思いつくようになると、よりカンタンに、正確に英文を書けるようになりますよ。

是非この時・条件を示す従属節がさらっと出るようにしてみて下さいね。

 

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数3,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-ライティング表現力UP
-, ,

執筆者:

関連記事

ライティングの解答例から使える表現を抽出する方法(実例解説)

こんにちは。藤本です。 ライティングの対策の1つに、解答例から良い表現を覚えていく、というやり方があります。 これは私もおすすめする方法です。   でも、実際解答例から、どうやって良い表現を …

IELTSライティング対策 ~6.0を取るための9つのコツとポイント~

こんにちは。藤本です。 ライティングはIELTSの4つのセクションで最難関と言われております。 実際に日本におけるIELTS受験者の2015年の平均点を見ますと アカデミックモジュール  Listen …

IELTSライティングにおけるcan、mayの使い方

こんにちは。藤本です。 IELTSライティングの特にTask2では断定しない言い方というのが大事になってきます。 100%言い切れるとは言えない場面が多いからです。 例えば「人口増加が食料不足につなが …

日本語で考えると間違えがちな英文の例

こんにちは。藤本です。 今回はライティングでよくある誤りのお話をしたいと思います。 色々なパターンがありますが、今日は特に目立つポイントを1つだけ。 日本語で考えると間違えがちな同格という話です。 & …

IELTSのライティングでオリジナリティを出そうとしたら負け

こんにちは。藤本です。 ライティングの添削を見ていて思うことの1つが、変にオリジナリティを出そうとして、かえって分かりにくい文章を書く人がいる、ということです。   何か人が考えないようなア …

登録者3,000名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

IELTS対策を始めたあなたに
IELTSブースターパック

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら

カテゴリー

キーワード検索