IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

ライティング対策総合 ライティング表現力UP

IELTSのライティングでオリジナリティを出そうとしたら負け

投稿日:2018年1月29日 更新日:

こんにちは。藤本です。

ライティングの添削を見ていて思うことの1つが、変にオリジナリティを出そうとして、かえって分かりにくい文章を書く人がいる、ということです。

 

何か人が考えないようなアイデアをひねり出そうとしていたり、「この表現がかっこいいでしょ」と言わんばかりの変わった構文を使ったり、普通の文章で見たこともないような小難しい単語を使っていたり、という文章をよく見ます。

こういった方向性でライティング力を上げようとしても、なかなかスコアは伸びません。

なぜならIELTSのライティングの採点基準には「オリジナリティ」という観点は全くないからです。

 

面白さとか、人がしない表現とかというのは、少なくとも6.5レベルでは全く求められていません。

かっこよくて難しい文章を書かなければと思っている人は、こういった考えは一度綺麗に捨て去った方が良いでしょう。

「思いっきりベタな表現で、でも文法ミスのない表現」と、「凝りに凝っている表現なのに、文法ミスだらけ」という文章は明らかに前者が評価されます。

 

ライティングのポイントの1つは「分かりやすさ」です。

「分かりやすい」とは、読み手にとって、期待した通り、予測できる範囲の内容が書かれているということです。

それは、書かれているアイデアもそうだし、展開のパターンもそうだし、使われている構文や単語についてもそうです。

 

ライティングは「読み手」を意識して書いてください。

読み手が、驚いて前に書いていた内容を読み返さなければならなかったり、理解するのに頭を悩ませたりするようなライティングは、評価が低いです。

逆に、読み手が気持ちよく、初めから終わりまで「うんうん」とうなずきながらストレスなく読めるようなライティングが評価されます。

 

もしあなたのライティングが6.5に届かないという状態ならば、それは、凝った表現が使われていないのが原因ではなく、単純に論理の飛躍や文法ミスがあって読みにくいというだけです。

その部分を改善しない限りは、6.5には届きません。

 

なので、ごくありふれたアイデアを、英語の典型的な展開パターンで、簡単で見たことのある表現を使って書いてください。

 

おすすめは、マネしやすいシンプルな解答例をなるべくマネして書いてみるということです。

素直にその展開や表現をそのままマネすることです。

くれぐれも、見たこともない表現とか、自分勝手な論理展開を使わないようにしましょうね。

 

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数2,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-ライティング対策総合, ライティング表現力UP
-, ,

執筆者:


  1. 森心耶 より:

    こんにちは。
    いつもielts勉強の参考にさせていただいています。
    質問なのですが、writing task1の対策方法はわかったのですが、task2の方は情報が多すぎて混乱しています。
    まず問題別に解決しようとしても何からやればよいかがわからなくなってしまいました。
    ぜひ返信よろしくお願いします。
    また藤本さんのwriting講座受けてみたいです!

    • 藤本政信 より:

      コメントありがとうございます。
      Task2は、確かにやるべきことは多いです。
      簡単に言うと、まず、どのような設問タイプがあるのかを理解し、次にその設問タイプごとにどんなフォーマットで書けば良いのかを理解・暗記することです。
      書くべきアイデアもある程度パターン化していくことで時間短縮が出来るので、そのアイデアも覚えていった方が良いです。
      残りはTask1と同様に、正しい単語と構文を覚えて、適切に選択することです。

  2. 森心耶 より:

    わかりました!
    ありがとうございます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

IELTSライティングでなぜスコアが上がらないか分からない人のために

こんにちは。藤本です。 IELTSライティングは自分では良く書けたと思っても大抵、思ったより低くスコアが出るものです。 何が悪かったのか、文字数が足らなかったのか、単語のチョイスが間違っていたのか、色 …

IELTSライティングにおけるcan、mayの使い方

こんにちは。藤本です。 IELTSライティングの特にTask2では断定しない言い方というのが大事になってきます。 100%言い切れるとは言えない場面が多いからです。 例えば「人口増加が食料不足につなが …

見たことない表現は大抵間違っている法則

こんにちは。藤本です。 今日はライティングの1つのマインドセットについて。 それは、 「自分で作った表現は大抵間違い」 ということです。 全部がそうとは言いませんが、自分がちょっとカッコ良さそうだと思 …

ライティングを体に覚えさせる方法

こんにちは。藤本です。 この週末から山口に帰省しています。 大阪も暑いですが、こちらも暑いですね。。。 ちなみに帰省中ですが、仕事はばっちりやってますよ。   さて、本日はライティングの話で …

IELTSライティングのスキルは型作りと添削で上がります

こんにちは。藤本です。 私の英語力がまだ低かったとき、IELTSで苦しんでいたセクションはライティングでした。 IELTSの日本人の平均点で最も低いのがライティングですから、ある意味私は平均的な日本人 …

登録者2,000名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

IELTS対策を始めたあなたに
IELTSブースターパック

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら

カテゴリー