IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

ライティング表現力UP

ライティングの不自然な文章を無くすには

投稿日:2017年12月7日 更新日:

こんにちは。藤本です。

IELTSのライティングは、難しいです。

たとえ、文法的に完全な文章であっても、違和感ある言い回しや、不自然な単語選択は評価が下がります。

では、違和感とか、不自然さとかは、どうやって無くしていけば良いのでしょうか?

 

私達はノンネイティブなので、感覚的に「違和感がある」とか「不自然さ」を感じ取ることは出来ません。

それをチェックする方法は、ずばり、どこかで同じ表現が使われているかを確認するしかありません。

基本的には、必ずどこかで見たことある言い回しだけを使うようにすることです。

 

実は、私も、未だに必ずどこかで見たことある文章しか書きません。

解答例を書くときも、添削をして修正をするときも、基本的には、どこかで見たことある文章を使います。

どうしても、自分の中にあるバリエーションで表現出来ない場合は、調べて、どこかで同じ表現が使われていることを確認します。

 

自分でオリジナルの文章を作るというのは、それぐらい危険なことなのです。

オリジナルの文章を作ると、どこかで違和感ある言い回しだったり、不自然な表現が入っています。

それを修正するには、既に誰かが使っている表現を使うしかない、ということです。

 

こういうと、とても窮屈な感じがするかもしれませんが、IELTSの問題に限って言えば、一定以上の文章バリエーションが頭に入っていれば、十分それらだけを使って表現していくことも可能になります。

結局、ライティングはインプットの量で決まるというわけです。

 

ライティングにはオリジナリティは全く求められていません。

ありきたりの表現で、ありきたりの論理展開が出来ればそれで良い、ということです。

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数3,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-ライティング表現力UP
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

IELTSライティングで、1回で二重にダメージを受けるミス

こんにちは。藤本です。 本日はIELTSのライティングでよく見かけるミスについて書いてみます。 それも結構ダメージの大きいミスについて。   それは代名詞の使い方です。   「代名 …

IELTSライティングにおけるcan、mayの使い方

こんにちは。藤本です。 IELTSライティングの特にTask2では断定しない言い方というのが大事になってきます。 100%言い切れるとは言えない場面が多いからです。 例えば「人口増加が食料不足につなが …

IELTSのライティングでオリジナリティを出そうとしたら負け

こんにちは。藤本です。 ライティングの添削を見ていて思うことの1つが、変にオリジナリティを出そうとして、かえって分かりにくい文章を書く人がいる、ということです。   何か人が考えないようなア …

私の修業時代の勉強法を公開(2)

こんにちは。藤本です。 今回は、前回の続きを公開します。 前回の投稿は以下からどうぞ。 私の修業時代の勉強法を公開(1)   留学前の私のリスニング勉強の痕跡と、IELTSのライティングを研 …

IELTSライティングはこの3つの助動詞を上手く使え

IELTSはさっさと卒業して光をつかめ! 藤本です。 「この方法を使うと必ずジャンケンに勝てる」 ってことあると思います? まあ、無いですよね(笑) 「この方法を使うとジャンケンに勝てるかもしれません …

登録者3,000名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS10日間無料メールセミナー

これからIELTS対策を始めたいあなたに
IELTS6.5獲得グランドメソッド特講

IELTSの基礎を固めたいあなたに
IELTSブースターパック

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら

カテゴリー

キーワード検索