IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

ライティング表現力UP

ライティングのパラフレーズに要注意

投稿日:2018年4月2日 更新日:

こんにちは。藤本です。

高度な英文ライティングではパラフレーズが求められます。

つまり同じ単語や同じ構文を何度も使わず、別の表現で言い換えるということです。

特にIELTSのライティングでは、採点基準でも、多様な構文、多様な語彙が評価項目になっていて、どの参考書を見てもパラフレーズの重要性を強調しています。

確かにその通りで、パラフレーズのスキルがある人の方が、より評価が高くなります。

 

ただし・・・

 

これは実際にライティングスコア5.0-6.0ぐらいの人を見ていて思うことですが、とにかくパラフレーズを強く意識するがゆえに、何だか誤った方向に向かっている人が少なからずいます。

 

いくつか代表例を挙げると・・・

 

showをrevealにパラフレーズしている。

しかし、revealは「今まで知られていなかったものを暴く」というニュアンスなので、文脈によっては合いません。

 

nextの代わりにpenultimateを使っている。

この単語は専門的過ぎて不自然です。

 

withoutの代わりにbut for。

やや古風な表現なので、withoutの方が自然です。

 

police officerをcopに。

copは「ポリ公」ぐらいのスラングなので、ライティングでは不適切です。

 

同じくpolice officerをpolicemanに。

これは男性のみを指す用語として、今日では使用が避けられる単語です。

 

take measuresをtake solutionsにパラフレーズ。

takeとsolutionはコロケーション上、相性が悪いです。

 

エッセイの最初の方で、年齢グループのことをage groupと定義しているのに、そのエッセイの後半に、categoryという表現に換えたり、sectorという表現にしている。

読者としては、いきなりcategoryと言われても、どのことを指しているのか分かりません。混乱のもとです。

 

このように見ていくと、単語のパラフレーズは、ただ辞書的に同じ意味の単語に換えればよい、というものではないと分かります。

単語のパラフレーズは、辞書的な意味だけでなく、その文脈で、前後の単語の組み合わせを考慮してふさわしいかを慎重に判断しなければならないのです。

その意味で、単語のパラフレーズは、実はかなり高度な英語力が必要とされます。

 

しかし、本番のライティングで、この単語が一般的か、不自然でないかを確認する術はありません。

変にキーワードとなる単語をパラフレーズしたがゆえにエッセイ全体が、設問から離れてしまうということもありえます。

そこで、戦略としては、単語のパラフレーズよりも、構文のパラフレーズを重視する方をおすすめします。

 

名詞を動詞に置き換えてみたり、モノを主語にした表現を人を主語にした表現に置き換えてみたりするのです。

文法力がそこそこある方であれば、こちらの方が表現の多様性を示せますし、変に伝わらない単語を使ってパラフレーズするよりもスコアは安定するはずです。

 

是非試してみてください。

それでは。

 

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数3,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-ライティング表現力UP
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

日本語で考えると間違えがちな英文の例

こんにちは。藤本です。 今回はライティングでよくある誤りのお話をしたいと思います。 色々なパターンがありますが、今日は特に目立つポイントを1つだけ。 日本語で考えると間違えがちな同格という話です。 & …

もっとカンタンに英作文を作れるパターン① 時・条件を示す従属節

こんにちは。藤本です。 最近、生徒さんのライティングを見ていて、もっとカンタンに英文にできるのに、わざわざ難しい英文を使って間違いになるケースがあるなー、と感じるポイントがあります。 そこでそのパター …

IELTSライティングにおけるcan、mayの使い方

こんにちは。藤本です。 IELTSライティングの特にTask2では断定しない言い方というのが大事になってきます。 100%言い切れるとは言えない場面が多いからです。 例えば「人口増加が食料不足につなが …

IELTSのライティングでオリジナリティを出そうとしたら負け

こんにちは。藤本です。 ライティングの添削を見ていて思うことの1つが、変にオリジナリティを出そうとして、かえって分かりにくい文章を書く人がいる、ということです。   何か人が考えないようなア …

自動詞と他動詞の違いをスッキリ理解する方法

こんにちは。藤本です。 今日はライティングでよく起こる英文法ミスの1つについて書いてみます。 それは「自動詞」と「他動詞」の混在です。 コレ、なかなか感覚的に分かりにくいみたいですね。 今日はこの違い …

登録者3,000名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

IELTS対策を始めたあなたに
IELTSブースターパック

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら

カテゴリー

キーワード検索