IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

精聴・シャドーイング

シャドーイングを実施しているのに効果が出ない3つのケース

投稿日:

こんにちは。藤本です。

私がリスニングの力を伸ばすのに一番お勧めしているのがシャドーイングです。

 

実際に私がお勧めするシャドーイングを実施することで、リスニングのスコアを飛躍的に伸ばした例は、何人からも聞いています。

 

しかし、たまに

「シャドーイングに取り組んでいるのですが、効果が感じられません」

というお声を頂くケースがあります。

 

確かに、このシャドーイングを行って、効果が出る人と出ない人がいます。

しかし、効果が出ない場合、ほとんどのケースでシャドーイングのやり方が間違っています。

ということで、よくある間違ったシャドーイングについてまとめてみます。

 

1.初めて聞く英文でシャドーイングを実施する

シャドーイングというのは、知らない単語や知らない構文を覚えるトレーニングではありません。

聞き取れた音を、既に知っている(頭の中に入っている)単語や構文に当てはめて、理解するスピードを速めるトレーニングなのです。

このため、知らない単語や構文が多くある音源で、いくらシャドーイングをやっても、そもそも頭に入っていないものには当てはめようがないので、全く効果がありません。

 

シャドーイングは、内容がよく分かっている英文で行って効果が出ます。

なので、シャドーイングを行う音源は、必ずスクリプトがついている音源を使います。

そして、シャドーイングを行う前に、そのスクリプトを読んで、内容を完全に理解するようにします。

その上で、初めてシャドーイングを行うようにします。

 

知っている英語を聞いても効果が無いように感じて、初めて聞く音源でシャドーイングを行う人も多いですが、上記の理由により、全く効果がありません。

単語も構文も完全に理解している英文でシャドーイングは行うようにします。

 

2.大量の英文でシャドーイングしている

シャドーイングは1分ぐらいの短い文章で良いので、同じ英文を繰り返すことで効果が出ます。

これも常識的に「本当にそれで効果があるの?」と思える話ですね。

同じ英文を繰り返しても、その英文だけが聞き取れるだけで、新たな英文が聞き取れるようになれる気がしないのはよく理解できます。

だから、どんどん新しい英文を求めて、大量の英文でシャドーイングしたくなります。

 

しかし、1.のところで書いた通り、シャドーイングの目的は、耳で聞き取れた音と、頭の中にある単語・構文とをつなげるスピードを速めることです。

頭の中にある単語・構文を増やすことが目的ではないので、分量は必要ないのです。

 

スピードが早くなるということは、脳の回路がつながるということです。

この脳の回路が出来上がってしまえば、どんな単語であれ、聞き取れた音と頭の中の知識をつなげるスピードが速まるのです。

 

なので、同じ音源を何度も繰り返すだけで、聞いたことがない新しい英文を聞いても、脳の回路スピードが速まっていればクリアに聞き取れるようになるのです。

もちろん、時間が大量に取れるのであれば、多くの英文でシャドーイングをやっても良いと思いますが、それ以上に必要なのが、この後の3.で述べる精度の問題です。

精度を確保するためには、必然的に少ない英文を繰り返してシャドーイングしていきます。

上述の通り、それだけで、大量にシャドーイングを行うのと同じ効果があるのです。

 

3.細かいところは出来なくても良しとしてしまう

シャドーイングで大事なのが、精度です。

例えば、aとかtheなどの冠詞、複数形のsや、動詞の後ろの過去形のedなど、日本人にとっては、どうでも良いや、と思える箇所がありますが、その部分も含めて完璧にシャドーイング出来るようにならなければ効果が薄いです。

そのような細かい部分も含めて完璧にシャドーイングを完成させることを私は100%シャドーイングと呼んでいますが、この精度が95%のときと、100%のときでは、その効果に大きな違いが生まれます。

 

この理由もやはり上記と同じで、いい加減なシャドーイングをしていると、頭の中の単語や構文と完全にマッチングができないからです。

また100%にしようとすると、これ以上ない集中力を使わなければならなくなりますので、その集中力がさらに脳の回路づくりをスピードアップさせます。

 

まとめ

ということで、シャドーイングでありがちな間違いを3つまとめてみました。

いずれも、本人がサボっているというよりは、その方が良いと思って我流の方法を実施しているのかもしれません。

しかし、シャドーイングは上記の通り、少し常識とは違うような取り組みをすることで効果が出ます。

 

シャドーイングを行っているのに、今一つ効果が感じられない場合は、以上の3つの点をチェックしてみて下さい。

どこかで自分が出来ていなかった箇所があるはずです。

 

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数3,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-精聴・シャドーイング
-, ,

執筆者:

関連記事

「シャドーイングは本当に効果があるのですか?」

こんにちは。藤本です。 私は元々理系の人間であり、英語が嫌いになった原因の1つも、理系のように1対1の答えにならないのが気持ち悪いというところからでした。 だから、理屈が通らない話は信じられず、もちろ …

IELTSリスニングの細かいところが聞き取れない場合

こんにちは。藤本です。 IELTSに限らずですが、リスニングで大雑把に言いたいことは何となく分かるけど、細かい部分は聞き取れていないという状態ってあると思います。 もちろん一言に細かい部分といっても人 …

リスニングで構文を捉えるためのトレーニング

こんにちは。藤本です。 先日、パソコンの整理をしていたら、留学前に私がリスニングのトレーニングをしていたときの資料が出てきました。 我ながら、ここまでやっていたんだなーと懐かしかったので公開してみます …

私の修業時代の勉強法を公開(2)

こんにちは。藤本です。 今回は、前回の続きを公開します。 前回の投稿は以下からどうぞ。 私の修業時代の勉強法を公開(1)   留学前の私のリスニング勉強の痕跡と、IELTSのライティングを研 …

リスニングが壁に当たったと感じたら

こんにちは。藤本です。 英語のリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4技能のうち、恐らく一番感覚的なものがリスニングだと思います。 それだけに、人にその感覚を伝えるのが難しいし、自分で …

登録者3,000名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

IELTS対策を始めたあなたに
IELTSブースターパック

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら

カテゴリー

キーワード検索