IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

単語

単語は英英辞典を使って覚えるべきか

投稿日:2015年9月4日 更新日:

dictionary-390055_640

こんにちは。藤本です。

読者の方からこういう質問を頂きました。

———————

英英辞典を使って英単語を覚えると良い、という話を聞きますが、日本語で単語を覚えるのとどちらが良いですか?

——————–

「英英辞典を使うと良い」という話は、あなたも何度か聞かれたことはあるのではないでしょうか?

私なりの見解を書いてみますね。

まず、単語を覚えるときのゴールは「単語を見てその意味がすぐに頭の中でイメージできる状態にすること」です。

例えばappleという単語を見て、頭の中に赤い果実をイメージ出来れば良いわけです。

ただ最初はいきなり、それは出来ないので、appleを母語である日本語の「りんご」に置き換えて、それから赤い果実を思い浮かべるわけですね。

これが日本語を使って単語を覚えるプロセスです。

 

英英辞典の説明を読んで、頭の中に赤い果実がイメージできるのであればその覚え方で全く問題ないと思います。

むしろ日本語を介在させない分、変換も早いでしょう。

 

問題は、英英辞典にこだわるあまり、赤い果実がイメージできないまま覚えたつもりになってしまっているケースです。

その場合は、日本語で意味を理解した方が早いし、効率的です。

 

つまり、日本語を使うのも、英英辞典を使うのも、単語の意味を頭に思い浮かべるための手段なので、効率が良い方を使えば良い、ということです。

一般的には、語彙力が少ない段階では、日本語を使った方が圧倒的に効率的です。

英英辞典の説明自体が分からない単語だらけだからです。

で、語彙力がついてくれば英英辞典で覚えるのもむしろニュアンスがよく理解できて良いと思います。

 

あるいは英英辞典をメインにしながらも、分からない時はさっさと日本語を見て確認するというのも1つですね。

 

そんな感じで、主にその人の語彙力に応じて、使い分けていけばよいのではないかと思います。

では、また。

 

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数1,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-単語
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

単語から逃げない

こんにちは。藤本です。 私は単語力は英語の実力を図るバロメーターの1つだと思っています。 なぜなら英語の基礎力は単語力と構文力だからです。 構文力とはリスニングやリーディングなどのインプット系では構文 …

勉強の順序を間違えると遠回りになる法則

  こんにちは。藤本です。 英語が分からない、リスニングのスコアが上がらない、リーディングスコアが上がらないという人と話をしていると大きく3つのタイプがいると感じます。 1.単語力が圧倒的に …

英語の勉強、初期、停滞期、成長期にそれぞれやったこと

こんにちは。藤本です。 前回投稿で私のスコア推移を公開して、そこに初期の順調な伸び、200点前後で停滞した時期、その後もう少し高い水準に伸びた時期、最後にひと伸びした時期があったことをお伝えしました。 …

「単語が頭に入ってきません」

こんにちは。藤本です。 英単語を覚えるって、英語学習者の最初にして最大の難関ではないかと思います。 過去、このブログでも単語を効率的に覚える方法をお伝えしてきました。 IELTS必須の3,000単語を …

「単語はどこまで覚えればいいですか?」

こんにちは。藤本です。 寒い日が続きますね。私も少し喉をやられていますが、皆様お体にはお気をつけ下さい。   さて、単語についてお問い合わせがありました。 「リーディングの中で出てきた知らな …

登録者1,500名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

IELTS対策を始めたあなたに
IELTSブースターパック

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら