IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

スピーキング対策総合

英語にしやすい日本語とそうでない日本語があります

投稿日:2015年8月31日 更新日:

lamp-432249_640

こんにちは。藤本です。

英語を書いたり、話したりするときに、なかなか英語が出てこないことってあると思います。

あるいは、とりあえず単語を口に出したはいいけど、その後文章として続かない、結局、単語の羅列で意味を伝えてしまう、ということも多いかもしれません。

こういうとき、単に英語力がないとか、単語力がないとか、そういうことにして片付けてしまうことが多いと思いますが、もう少し原因を特定しないと次の打ち手が分かりませんよね。

で、最近特に思うのが、こういった英語をアウトプットするときに重要なのは日本語能力だ、ということです。

どういうことか説明しますね。

 

ネイティブとか、子供のうちに英語を身につけた人以外は、基本的には、頭の中で日本語で考えることになると思います。

そして、その日本語を頭の中で英語に変換しているわけです。

そのときに、実は、英語にしやすい日本語と、英語にしにくい日本語があります。

なので、どんな日本語を頭の中で思い浮かべるかによって、出てくる英語が簡単で分かりやすい英語だったり、逆に難しくて不自然な言い回しだったりします。

まずは英語にしやすい日本語を思い浮かべられるようにしてあげると良いということです。

 

特に私の中で感じるのが、主語の重要性です。

主語なんで何でも良いと思うかもしれませんが、主語がビシっと決まれば、後の英語は出てきやすい、ということがよくあります。

いくつかのパターンで紹介してみます。

 

パターン1:隠れた主語

日本語は、主語をしばしば省略しますが、主語が省略された日本語をそのまま英語にしようとすると、どうしても受け身を使ったりすることになって、後ろの表現が難しくなります。
省略された主語をきちんと補ってあげると簡単に英文化することが出来る場合があります。

A.彼が言ったことは理解されていなかった
例:What he said was not understood.

B.私たちは彼が言ったことを理解できなかった
例:We could not understand what he said.

「私たちは」という主語を入れた方が、ずっと英語化しやすくないですか?

 

パターン2:日本語の「は」に注意

日本語の「は」は必ずしも主語になるわけではありません。
例えば、「~は~が~」という日本語のときは、「~の~は~」と置き換えることで英文化しやすい日本語になる場合があります。

A.このコンピュータは性能が素晴らしい
例:This computer has a great performance.

B.このコンピュータの性能は素晴らしい
例:The performance of this computer is great.

慣れてくると、A.の日本語が思い浮かんだとしてもすぐにhasという動詞が出てきますが、慣れない人がA.の日本語を思い浮かべると「This computer is」とやってしまってそこで立ち往生してしまうケースがあります。

 

パターン3:因果関係を考える

日本語には少ないけど、英語によく出てくる構文として無生物主語があります。
この無生物主語に多いパターンとして、主語が原因となり、目的語が結果となるような表現があります。
ということで、因果関係を言いたい場合は、原因を主語にすることでシンプルで英語らしい表現になります。

A.このシステムを導入したことで問題が起きた
例:By introducing this system, the problem occurred.

B.このシステムの導入が問題を引き起こした
例:The introduction of this system caused the problem.

A.の英語も悪くないですが、B.の方が英語っぽい感じですね。

 

ということで、英語化しやすい日本語なんて考えたことない人は、是非意識してみて下さい。

それでは、また。

 

 

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数3,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-スピーキング対策総合
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

IELTSスピーキングの意識はどこに置くべきか

IELTSはさっさと卒業して光をつかめ! 藤本です。 昨日、日本から船便で送った荷物が届きました。 2か月ぶりに対面した荷物達。久しぶりの対面で懐かしかったです。 それにしても配送を担当してくれた日通 …

IELTSスピーキングにおける「通じる」と「上手」の違い

こんにちは。藤本です。 私がまだ会社員だったときの話です。 ある先輩と海外出張する機会がありました。 現地の企業にインタビューするためです。 その先輩と海外で同行するのは初めてだったのですが、彼は既に …

IELTSスピ―キングで6.5目指すための3ステップ

こんにちは。藤本です。 リスニング力やライティング力などと比べて、スピ―キング力のトレーニング方法というのは、あまり確立されたものが無かったりします。 ゆえに、IELTSの取り組みをしている人の中でも …

IELTSスピーキングで流暢さ(fluency)を高めるために

こんにちは。藤本です。 IELTSスピーキングの採点基準の1つに流暢さ(fluency)というものがあります。 このfluencyの出来が、IELTSのスピーキングではかなり鍵を握っているとも言われま …

試験本番まで4科目をどういう配分とペースで勉強すべきか

こんにちは。藤本です。 今日は試験本番までどのように勉強するかという話です。 IELTSの場合、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングと4科目あるわけで、全く勉強しなくてもスコアが取れる …

登録者3,000名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS10日間無料メールセミナー

これからIELTS対策を始めたいあなたに
IELTS6.5獲得グランドメソッド特講

IELTSの基礎を固めたいあなたに
IELTSブースターパック

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら

カテゴリー

キーワード検索