IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

IELTSリーディング対策

IELTSリーディングの大敵とは

投稿日:2014年9月4日 更新日:

reading-216862_640

こんにちは。藤本です。

IELTSリーディングは60分の試験です。

この間に40問の問題を解くことになりますから、単純計算で1分半に1問のペースで解答していかなければなりません。

言うまでもなく時間管理が重要です。

このリーディングセクションにおいて時間管理上、一番の大敵が、同じパッセージを2度も3度も読まなければならない状態になることです。

リーディングスピードが早く時間が余るような人を除いては、この二度読みをなるべく避けるような工夫が必要です。

まずIELTSのリーディングの解き方は

ステップ1:問題で問われていることを理解する
ステップ2:その問題で問われていることを意識しながらパラグラフで関連情報が書かれている箇所を探す
ステップ3:解答する

という順番が原則です。

最初にパラグラフを全部読んで、その後問題に答えるという順番も可能は可能ですが、せっかくパラグラフを先に読んだのに、問題を見て結局パラグラフを読み返すことになるので、二度読みになります。

この3つのステップのうち、ステップ2の情報を探すプロセスも、関連箇所だけ見て、他は見ないというよりは、関係ない箇所も含めて一通りは読んでおいた方が良いです。

関連箇所だけを読んでいると、後で要約問題などが出ているときなど二度読みせざるを得ない状況になります。

またパラグラフを読むときに、スピードばかり意識して、ほとんど文字面を目が負っているだけという状態もよくありません。

設問に解答する段階で、結局後戻りして意味を理解しながら進まなければならなくなるからです。

パラグラフを読むときは、理解が薄いまま流すよりも、多少ゆっくりでもしっかり意味を捉えながら読む方が結果として二度読みを防止して時間が節約できるということです。

最後までありがとうございました。

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数1,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-IELTSリーディング対策
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「リーディングでFalseとNot Givenの違いがよく分かりません」

こんにちは。藤本です。 先日こんなご質問を頂きました。 「リーディングに関して質問があるのですが、true, false, not given問題が苦手で、解答を見ても理解できないことが多々あります。 …

ゴールから逆算で考えるIELTSリーディング

こんにちは。藤本です。 小説とか、ドラマとか、映画とか、見ていると感動するストーリーってありますよね。 あのストーリーって、作者は行き当たりばったりで作っていると思いますか? もちろん、違いますよね。 …

IELTSリーディングで行き詰まっている方へ

こんにちは。藤本です。 IELTSリーディングでうまくスコアが出ない方は、どんなタイプの設問でスコアを落としているかをしっかりと分析すると良いです。 例えばパラグラフに適切なタイトルを選ぶ問題、このタ …

IELTSリーディングでは本文と設問をどういう順番で読むのか

こんにちは。藤本です。 IELTSのリーディングは時間との勝負になります。(特にアカデミックモジュール) いかに時間内で全ての設問に回答するか、ということを考えたときに、重要なポイントの1つが問題を読 …

IELTSリーディングのポイントは時間配分

IELTSはさっさと卒業して光をつかめ! 藤本です。 私が以前留学していたときは、トロントで日本食と言えばひたすら「寿司と天ぷら」でした。 それが、前回、永住権を取得しに2014年に来たときは、日本食 …

登録者1,500名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

IELTS対策を始めたあなたに
IELTSブースターパック

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら