IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

英語の学習スケジュール

IELTS試験前になっていつも「準備出来ていない」と焦っている方へ

投稿日:2018年2月5日 更新日:

こんにちは。藤本です。

IELTSは4つのセクションが試される試験のため、受験までにこの4セクションを同時に仕上げていかなければなりません。

しかし、試験直前になって、

「4セクションとも十分に準備できた」

と思えることはなかなか無いと思います。

 

そこで、今回は、どうすれば、本番直前に「しっかり準備した」と思えるような時間の使い方が出来るかを書いてみます。

 

1.残りの期間を「時間」単位で計算する

人間は、次の受験までに残された時間を過大評価する傾向があります。

特に、「あと何か月」「あと何日」というように、月や日で計算するとその傾向が強くなります。

なので、その単位を「時間」に換算します。

そのときに、実際にIELTSの準備に使える時間で換算します。

 

平日に何時間IELTSに使えるでしょうか?

例えば、1日2時間だとすると、月~金曜日で、合計10時間ですね。

5日間だと思っていた残り期間が、実は10時間だと分かります。

この瞬間に、思っていたよりも残された時間が短いことが実感できますね。

 

土日に10時間使えたとしても、1週間で20時間です。

1か月では80~100時間。

どうでしょう?

「月」「週」「日」で考えるよりも、時間で考えた方が圧倒的に、短く感じますよね。

 

こう感じることで、早い段階から「焦る」ことが出来ます。

直前になって焦るのではなく、早い段階で焦ることが、時間を有効に使うことのスタートになります。

 

残り時間を理解して、焦ってきたら次に行うのが計画づくりです。

 

2.計画を作り、やるべきことを絞る

残り時間を「時間」単位で意識したわけですから、計画表でも当然「時間」の単位で作っていきます。

何月何日の何時から何時までは何に取り組む、というレベルの計画表です。

 

そして、思ったよりも残り時間が少ない中で、計画を作ると、必然的にやるべき内容を絞らなければならなくなります。

理想的には10のことをやりたいと思っても、残り時間を考えると5つしかできない

そんな感じです。

 

で、絞らなければならないと考えると、必然的に優先度を考えなければならなくなります。

ここが重要です。

 

自分が取り組むべき課題を明らかにして、取り組みの優先度を決める

このプロセスを経験することで、より勉強に対する目的意識が高まります。

 

さて、時間単位の計画表を作る、という話をすると、

「そんな細かく作っても、結局守れなくなる」

と考えて作らない人もいます。

 

しかし、ここで守れるように工夫することが大事です。

 

3.予備日を作る

その工夫とは、週に1日は「予備日」を設けるということです。

1週間7日ありますが、7日すべてをきっちりした計画を立てないようにします。

1日分は「予備日」を設けるんです。

 

計画表というのは、いかに「生きた」状態に保てるかというのが大切です。

一度計画が崩れて「死んだ」状態になると、そのまま残りの計画も廃棄されてしまいます。

 

1日ぐらい計画通りにいかないことがあっても何とかリカバリーできるものですが、2日計画通りにいかないと、それをリカバリーするのは至難の業です。

 

しかし、人間は生きていれば、計画通りにいかないことがしょっちゅうあります。

病気になることもあるし、突然仕事を振られることもあるし、人に食事に誘われることもあるでしょう。

こういった予期しないイベントが、一度でも入れば崩れてしまうという計画は、あまり現実的な物とは言えません。

そこで「予備日」を設けるのです。

 

「予備日」を設けることで、計画を「生きた」状態に保ちやすくなります。

予期しないイベントが発生したときは、その予備日を充てます。

それで週1回程度、予期しないことが起こっても、計画通りに勉強を進めていくことができます。

もし予期しないことが起こらなければ、その予備日を好きなことに使えばよいのです。

理解が不十分なところの復習に使うもよし、次の週の予定を先取りして、予備日を貯金しても良いのです。

 

また、この予備日を作ることは、もう1つ大きな効果を生みます。

 

4.予定外の受け入れの上限を設ける

予備日を週1日ほど決めることで、自分が予定外のことを受け入れるキャパシティは、週1回しかない、という意識が作れます。

例えば、会社員で、毎日のように同僚に食事に誘われる場合、際限なく受け入れていては、まずIELTSの目標達成はできません。

あるいは、上司がいつも無計画に仕事を振ってくる場合も同様ですね。

どこかで、区切りを作って、自分の時間を作らなければならないのです。

 

全部断れる人は、それでも良いですが、通常は片っ端から断るというのは、人間関係上難しいと思います。

であれば、その要請を受け入れる上限を決める、という考えが重要です。

 

予備日を週1回と決めることで、その受け入れ上限を自分で決めることができます。

週1回までは、人からの誘いや要請を受け入れる、でもそれ以上は断る、みたいな感じですね。

 

さて、こうして計画を作っていくわけですが、実際に運用してみると、気づく点が出てきます。

 

5.計画は随時修正する

計画を作って、その通りに実行していくと、早ければ初日にも、

「自分が思った以上に、勉強量は消化できない」

ということに気づきます。

 

多くの場合、時間を過大評価しすぎなので、例えば、2時間のうちに、3つぐらいの勉強ができるという前提で、計画を立ててしまいます。

しかし、実際にやってみると、その半分~2/3ぐらいしか出来ないことが分かります。

 

こういった計画の詰め込み過ぎは、計画が「死ぬ」大きな理由になりますので、適正な勉強量に修正していく必要があります。

計画が、自分が思っていた以上に大変だと気づいた時点で、すぐに計画は修正しましょう。

 

ここでも優先度をつけて絞り込みを行うことが重要です。

 

もちろん、計画の詰め込み過ぎに気づくには、その日、実際に計画したもののうち、何が実施できて、何が実施できなかったのかを「記録」していく必要があります。

そして、その「記録」こそが、本番直前になったときの焦りを和らげてくれます。

 

6.履歴を残す

毎日実施した勉強を計画表に記録として残していくと、当たり前ですが、1か月勉強したら1か月分の勉強の記録が出来上がります。

 

IELTS本番直前になると、誰しも不安になるものです。

「あれも出来ていない、これも出来ていない」

という思いになります。

しかし、そういうときは、過去の勉強の記録を見るようにしましょう。

 

「自分は、ここまで計画に沿って、ここまでの勉強は出来ている」

と思うだけでも、不安はずっと和らいで、自信が出てきます。

 

本番直前の不安をなくす方法というのは、本質的にはしっかり準備をすることに尽きるわけですが、自分が行ってきた準備を可視化することで、より効果的になるということですね。

 

まとめ

IELTS本番を、不安な気持ちで迎えるのと、自信を持って迎えるのでは、スコアにも少なからず影響します。

その気持ちを自分でマネジメントするには、そういう工夫をしなければならないということですね。

1.残りの期間を「時間」単位で計算する
2.計画を作り、やるべきことを絞る
3.予備日を作る
4.予定外の受け入れの上限を作る
5.計画は随時修正する
6.履歴を残す

というプロセスで、是非自信を持って、本番を迎えましょう。

 

 

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数2,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-英語の学習スケジュール
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

IELTSの着実なスコアアップに必要なこととは?

こんにちは。藤本です。 IELTSの過去問を使ってリスニングやリーディングの勉強をするときに気をつけるべきは、解きっぱなしではなくて、解いた問題を徹底して分析することです。 例えば・・ リスニングでよ …

IELTS未受験者はとにかく最初の受験を予約しろ

こんにちは。藤本です。 IELTSの対策に取り組み始めてから卒業していくまでのプロセスを考えると大きく4つの時期があると思います。 1.未受験期 2.成長期 3.停滞期 4.ラストスパート期 &nbs …

上手く行っている人を見て焦らない

こんにちは。藤本です。 IELTSはある意味、残酷な試験ですね。 その人の英語の実力が数字という動かしようのない評価で出てしまいますので。 でもその分、目標になったり、伸びていくことが励みになったりす …

試験後はどう過ごすか

こんにちは。藤本です。 この週末はIELTSの本試験だった人も多くいたのではないでしょうか。 試験お疲れ様でした。 感触はどうでしたか?   試験が終わると次の試験を受験するかどうか迷うこと …

1か月でIELTSを何とかしたい人

こんにちは。藤本です。 IELTSのメールマガジンなどでは、よく質問を頂きます。 すぐにお答えできる質問も多いのですが、中には答えるのが難しい質問があります。   特に、この質問を頂くと、答 …

登録者2,000名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

IELTS対策を始めたあなたに
IELTSブースターパック

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら

カテゴリー