IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

ライティング表現力UP

もっとカンタンに英作文を作れるパターン③ 受動態よりも能動態

投稿日:

こんにちは。藤本です。

生徒さんのライティングを見ていて、もっとカンタンに英文にできるのに、わざわざ難しい英文を使って間違いになるパターンとコツをお伝えするシリーズです。

最終回の今回は「能動態」についてお伝えします。

 

今回もまずは日本語から考えましょう。

「コンピュータは科学者により開発された」

この日本語を英文にしてみましょう。

 

多くの方は

Computers were developed by scientists.

と書かれると思います。

 

この英文は正しい文章で、間違いはありません。

 

しかし、この文章は受動態になっています。

受動態は能動態に、能動態は受動態に書き換えることができますね。

 

能動態で書くと

Scientists developed computers.

となります。

 

能動態と受動態はニュアンスの違いは多少ありますが、基本的には同じことを言っています。

 

にも関わらず、私の経験上、能動態の文章と受動態の文章では、圧倒的に受動態で書いたときの方が文法ミスが増えます。

 

代表的な文法ミスは

(×)Computers developed by scientists.(be動詞が抜ける)

(×)Computers were develop by scientists. (be動詞の後ろが過去分詞になっていない)

(×)Computers were developed scientists.(受動態の後ろに前置詞なしに名詞が置かれる)

(×)Computers were developed for scientists.(受動態の後ろの前置詞が適切でない)

などです。

 

意味が同じなのにわざわざミスが起こりやすい文章を選択しているのです。

 

「二酸化炭素によって地球温暖化が引き起こされている」

も同様に

Global warming is caused by CO2.

と受動態にするよりも

CO2 causes global warming.

と能動態にする方が、ミスする率が減ります。

 

そもそも受動態を用いるケースとは、

①能動態で書こうにも主語が不明瞭で書けない場合

②能動態にしたときの主語を明記したくない場合

③能動態にしたときの目的語を強調したい場合

などのケースだと考えておいた方が良いでしょう。

 

なので、受動態で書かれた文章なのに、by以下の単語が明記されており、かつ主語の部分を強調したいわけでもない場合は、受動態であることはかえって不自然なのです。

ミスを減らす、そして自然な文章にするためにも、必要なとき以外は、受動態ではなく、能動態で書くように心がけましょう。

 

 

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数3,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-ライティング表現力UP
-, ,

執筆者:

関連記事

自動詞と他動詞の違いをスッキリ理解する方法

こんにちは。藤本です。 今日はライティングでよく起こる英文法ミスの1つについて書いてみます。 それは「自動詞」と「他動詞」の混在です。 コレ、なかなか感覚的に分かりにくいみたいですね。 今日はこの違い …

ライティングの不自然な文章を無くすには

こんにちは。藤本です。 IELTSのライティングは、難しいです。 たとえ、文法的に完全な文章であっても、違和感ある言い回しや、不自然な単語選択は評価が下がります。 では、違和感とか、不自然さとかは、ど …

ライティングの文法力の上昇

こんにちは。藤本です。 5月末に、IELTSブースターパックという教材を作りました。 この教材の中の目玉の1つが文法のテキストです。   この文法テキストを作ってから1か月ちょっとが経ちまし …

日本語で考えると間違えがちな英文の例

こんにちは。藤本です。 今回はライティングでよくある誤りのお話をしたいと思います。 色々なパターンがありますが、今日は特に目立つポイントを1つだけ。 日本語で考えると間違えがちな同格という話です。 & …

effectの後ろに置く前置詞はto? for? 正しいコロケーションを確認する方法

こんにちは。藤本です。 ライティングで実際に書くときに、はてどんな動詞を使ったり、どんな前置詞を使えばよいかと、迷うことはありませんか? 例えば「~に対する影響」という表現をしたいときに、「影響」はe …

登録者3,000名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS10日間無料メールセミナー

これからIELTS対策を始めたいあなたに
IELTS6.5獲得グランドメソッド特講

IELTSの基礎を固めたいあなたに
IELTSブースターパック

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら

カテゴリー

キーワード検索