IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

IELTS対策全般

「暗記モノが増えると使わないものから忘れていく、、、のサイクルに悩んでいます」

投稿日:

こんにちは。藤本です。

メルマガの読者さんからこのようなお悩みを頂きました。

覚える単語は日増しに増えますが、それを使う場面がありません。

せっかく覚えた(であろう)単語を使う機会をどのように作ればよいのでしょうか。

単語を覚えることはIELTSの試験や海外生活で出てきたときに反応できるように貯蓄するものだと思うのですが、使わなければ忘れてしまいます。

また、ライティングやスピーキングなど各対策で暗記モノが増えると使わないものから忘れていく…のサイクルに悩んでいます。

この解決策として何かご提案をいただけましたら幸いです。

 

IELTS対策では覚えることが膨大にありますよね。

単語、文法ルール、ライティングのテンプレート、スピーキングのスクリプト・・・

これらを覚えた後、どのように記憶を維持し続けていくのか、について書いてみたいと思います。

 

私の場合は、暗記する内容に応じてそれぞれ別の方法で対応していました。

 

単語の維持の方法

使うことで覚えるというのは確かにありますが、狙った単語を使う場面というのはそうそう出来るものではありません。

従って、使う場面を無理に作るのではなく、割り切って、毎日単語の復習をすることを優先していました。

毎日30分と時間を決めて、その時間はこれまで覚えた単語の中で、記憶の定着がちょっと怪しい単語を中心に復習をしていました。

 

どの単語が定着率が悪いかを管理するには単語ソフトが役立ちます。

私はP-study-systemという単語ソフトを使っていました。

このソフトは、登録している単語がランダムで出題され、その単語の意味が分かっているかどうかをチェックしていくと、その履歴が残り、次から正解率の低いものを優先に出題してくれます。

 

文法ルールの記憶維持法

文法は、基本的に頭で考えているうちは、本番で焦っているときはついつい間違ってしまいます。

文法の記憶は、本当に潜在意識レベルまで落とし込むことが必要です。

そのためにどうするか?

 

私が効果的だと思うのは、間違った文章を修正する練習をすることです。

例えばライティングの添削を受けて、色々文法ミスを指摘されて返ってきたとします

そこで、ノートを開き、左側に自分が書いた添削前の文章を書き、右側に添削後の文章を書きます。

そして右側の添削後の文章を手で隠して、左側の自分が書いた間違いを含んだ文章を見て、自分で間違いを指摘できて修正できるかを確認していきます。

それを繰り返すと、文法ルールは潜在意識に入っていきます。

 

ライティングのテンプレートの記憶維持

これはいつも講座の生徒さんに言っているのですが、一番最初は100回ほど暗唱することでだいたい覚えられます。

そして一度覚えてしまえば、あとは1日1回暗唱することで、記憶が維持できます。

ただテンプレートは、リスニングとか別のセクションでは必要にならない知識です。

なので無理に維持し続ける必要もないものなので、面倒であれば、一度覚えた後は寝かしておいて、試験直前にまた30回ほど暗唱して思い出すようにします。

 

スピーキングスクリプトの記憶維持

スピーキングのスクリプトも、別のセクションに影響があるものではないので、原則ずっと覚え続ける必要はありません。

なので、スクリプトの準備だけはしておいて、覚える作業は試験1-2週間前から一気にやっていきます。

毎日1時間ほど暗唱していくことで、口で覚えていく感じです。

 

 

ということで、あまり直接的な答えになっていないかもしれませんが、覚えた記憶を維持する(あるいは最初から記憶しようとしない)方法でした。

ご参考になれば幸いです。

 

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数3,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-IELTS対策全般
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

IELTS未受験者はとにかく最初の受験を予約しろ

こんにちは。藤本です。 IELTSの対策に取り組み始めてから卒業していくまでのプロセスを考えると大きく4つの時期があると思います。 1.未受験期 2.成長期 3.停滞期 4.ラストスパート期 &nbs …

IELTSで成果を出すための簡単な方法

こんにちは。藤本です。 ピアノを長年やっている人は、楽譜を見ただけで、10本の指を使って曲を弾くことが出来ます。 ダンスを長年やっている人は、数回お手本を見れば、その通り両手両足を使って踊ることが出来 …

いい英語表現を自分のモノにしていく方法

こんにちは。藤本です。 私の知り合いに、とても話が上手な方がいます。 いつも話が面白いので、聞いてみたんです。 「なんで、そんなに面白い話がいつも出てくるんですか?」 その答えは私にとってはちょっと意 …

英語の勉強法を選択するときにとても重要な区分

  こんにちは。藤本です。 英語の勉強法ってものすごくたくさんありますよね。 本屋に行くと英語関係だけで膨大な本が売られています。 そんな多くの勉強法から何を選んだらいいか分からない人も多い …

IELTSの勉強におけるインプットとアウトプットとは?

やり方だけを学ぼうとしていませんか?   こんにちは。藤本です。 IELTSの勉強は、大きく知識をインプットすることと、その知識をアウトプットする練習に分かれます。 インプットの時間は、例え …

登録者3,000名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS10日間無料メールセミナー

IELTS対策の全体像を知りたいあなたに
IELTS6.5獲得グランドメソッド特講

IELTSの基礎を固めたいあなたに
IELTSブースターパック

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら

カテゴリー

キーワード検索