IELTS受験の間隔について

こんにちは。藤本です。

IELTSはどれぐらいの間隔で受験すればよいのでしょうか?

 

私は、初回受験に関してはとにかく早く受験することをお勧めしています。

その理由はこちらをご覧ください。

 

そして本日のテーマは、初回受験が終わった後、どのくらいの頻度で受験すればよいか、です。

この場合、出願や移民申請までに残された時間と、目標スコアと現状のスコアのギャップによって変わってきます。

いくつかのケースを挙げてみましょう。

 

ケース1:出願や移民申請の締め切りまであと3か月以内で、目標スコアまであと1セクションだけが0.5足りないという場合

この場合は、受験機会をとにかく増やすべきです。

1回の受験機会を逃せば、1回の合格機会を失われるのと同じです。

毎週受験しても良いぐらいですが、毎週だと態勢を立て直す時間が取れないという場合は、2週間に1回ぐらいのペースが良いと思います。

 

ケース2:目標スコアまでオーバーオールで1.0ほどあるが、出願や移民申請の締め切りまであと3か月以内という場合

本来はじっくり対策を立てたいところですが、残り3か月を切った状態だと、受験機会を減らす方がマイナスとして大きいです。

ガンガン受験していきましょう。

月に1回ペースでの受験がお勧めです。

 

ケース3:目標スコアまでのギャップがオーバーオールで0.5~1.0ほどで、出願や移民申請の締め切りまであと半年ほどあるという場合

この場合は少し落ち着いて課題の克服、本番に向けた対策をしていく時間を持ちましょう。

受験頻度としては、2か月に1回ぐらいがお勧めです。

2か月に1度くらいならモチベーションも保てるし、2か月あればそれなりに中期視点での対策をすることもできます。

 

ケース4:目標スコアまでのギャップがオーバーオールで1.0以上、出願や移民申請の締め切りまであと1年近くあるという場合

この場合もじっくりと腰を落ち着けて、課題に対するトレーニングを積んでいきます。

ただし、受験機会は少なくとも3か月に1回は設けた方が良いです。

理由は以下の3つです。

1.3か月以上受験から遠ざかると本番の感覚が鈍る

2.3か月以上先の目標に対してはモチベーションが続きにくい

3.3か月以上成果を計らずに勉強すると、その勉強が正しいかどうかの検証をする機会がないことになる。3か月以上時間をかけて成果が出なかったとなるとその3か月が無駄になってしまうので、非常にリスクが大きい

特に3つ目の理由は大きいです。

よく受験を1年以上していない方がいらっしゃいますが、その方は1年間体重を計らずにダイエットに励んでいるようなものです。

どんなに時間があって、目標までのギャップが大きい方でも、少なくとも3か月に1回は受験をするようにしましょう。