IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

ライティングTask1(アカデミック)

ライティングTask1装置構造図の書き方

投稿日:2018年1月18日 更新日:

こんにちは。藤本です。

アカデミックライティングTask1シリーズ、今回が最終回です。

これまでの記事はこちら。

IELTSアカデミックモジュールのライティングTask1の攻略法

ライティングTask1の時系列グラフの書き方

ライティングTask1の時系列でないグラフの書き方

ライティングTask1の地図問題の書き方

ライティングTask1フローチャートの書き方

 

さて、本日は装置構造図について書いてみます。

このタイプは滅多に出題されません。

数年に一度程度しか出ませんが、出たら結構苦労するのが、このタイプです。

ですが、パターンを確立してしまえば割と簡単に記載が可能です。

 

装置構造図の概要

装置構造図問題は、何かの道具やデバイスの分解図が出ます。

そのデバイスを構成している部品や、動作の仕方が図で説明されています。

 

オーバービューの書き方

装置構造図のオーバービューは、以下の2つの要素で書くと汎用性があります。

1.大まかなパーツ数

2.ざっくりとした動作

例えば

「このデバイスは、大きく3つのパーツで出来ており、〇〇な動作をする」

といった感じのオーバービューです。

 

ボディの書き方

装置構造図は、ボディ1で「構造」について、ボディ2で「動作」について書くとまとめやすいです。

 

ボディ1の「構造」では、図に出てくるパーツの位置関係を説明していきます。

基本的に図に出てくるパーツはすべて使って説明をしていきます。

 

ボディ2の「動作」では、それぞれのパーツがどう働いて動作するのかを説明します。

 

装置構造図の落とし穴とコツ

装置構造図で気をつけなければならないポイントを書いておきましょう。

 

大まかなところから細かいところに

特にボディ1で構造を説明する際の注意点ですが、いきなり細かいところから説明すると、読み手が分かりにくくなります。

例えば

「まずAというパーツがあり、そのパーツの中にはB,C,Dというパーツがあり、そのBとCはEによってつなげられている。次にFというパーツがAの隣にあり、・・・」

という説明と

「このデバイスは大きくAというパーツとその隣に位置するFというパーツで出来ている。Aというパーツの中にはB,C,Dというパーツがあり、そのBとCはEによってつなげられている。」

という説明では、後者の方が分かりやすいと思います。

最初に大まかな全体像を示してあげて、その上でディテールにフォーカスするように説明していくと良いです。

 

まだ説明していないものを前提にした説明をしない

もう1つ構造を説明するときの注意点です。

「Aというパーツからロープが伸びていて、その先にBというパーツがある。BはAの上に位置している。」

という説明を読んだときに、少し混乱しないでしょうか?

その理由は、ロープが伸びた先にあるBというパーツをまだ説明していないのに、その説明していないBに向かってロープが伸びているという説明になっているため、Bがどこにあるか分からないままロープが伸びているイメージをしなければならないからです。

基本的に、まだ説明していないものを前提にした説明は避けます。

最初の例で言えば

「Aというパーツがあり、BはAの上に位置している。そして、そのAとBをロープがつないでいる。」

という順序で説明すると、こういった混乱がなくなります。

 

原動力から話を始める

ボディ2の注意点は、必ず原動力から話を始めるということです。

どの装置構造図も、そのデバイスが動くための一番の原動力や最初のきっかけがあります。

車ならアクセルを踏むことが車が動くきっかけになりますね。

自転車ならペダルを踏むことが原動力です。

その原動力から話をスタートさせて、その力が伝わる順番に説明をしていきます。

そうすることで、動作をスムーズに説明することができます。

 

ということで、アカデミックライティングTask1の書き方について、連載してみました。

ご参考になれば幸いです。

 

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数3,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-ライティングTask1(アカデミック)
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ライティングTask1の時系列でないグラフの書き方

こんにちは。藤本です。 前回アカデミックモジュールのライティングTask1について、時系列グラフの書き方についてまとめてみました。 ライティングTask1の時系列グラフの書き方   今回は、 …

ライティングTask1の地図問題の書き方

こんにちは。藤本です。 ここ最近、アカデミックTask1についての説明を書いています。 ここまでの記事はこちらから。 IELTSアカデミックモジュールのライティングTask1の攻略法 ライティングTa …

ライティングTask1のグラフデータはどこを説明すべきか

こんにちは。藤本です。 IELTSライティング(アカデミックモジュール)におけるTask1の最頻出問題はグラフ・表問題ですね。 普段からグラフとか表を見慣れていない方は、どこを説明したらいいか迷ってし …

ライティングTask1の時系列グラフの書き方

こんにちは。藤本です。 前回アカデミックモジュールのライティングTask1についての一般的な注意点を書きました。 IELTSアカデミックモジュールのライティングTask1の攻略法   今回は …

IELTSライティングのアイデアをすぐ出すコツ

こんにちは。藤本です。 IELTSのライティングは設問だけ与えられて、それに沿ってさえいればあとはどのような内容を書いても自由です。 そのくせに時間だけは決められています。 そんな形式のため、実は英語 …

登録者3,000名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

IELTS対策を始めたあなたに
IELTSブースターパック

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら

カテゴリー

キーワード検索