IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

ライティング表現力UP

ライティングの解答例から使える表現を抽出する方法(実例解説)

投稿日:2015年7月29日 更新日:

writing-828911_640

こんにちは。藤本です。

ライティングの対策の1つに、解答例から良い表現を覚えていく、というやり方があります。

これは私もおすすめする方法です。

 

でも、実際解答例から、どうやって良い表現を覚えていけば良いか分からない、というご質問を頂きました。

なるほど確かにそうですね。

やり方が分からないと全部必要な表現に思えて、丸暗記しなきゃいけない、みたいなことになってしまいますからね。

ということで、今日は解答例から良い表現をどうやって見つけていくか、というのを実例でご紹介したいと思います。

 

使うのはIELTS公式問題集の9です。
(例として挙げますので、それぞれ好きな解答例を使ってくださいね)

P.163にTask2の解答例があります。

この最初の段落から見ていくと・・・

 

最初の1センテンスを見て私なら

Traditionally, S+V, but S is recommended by some people.

という表現が、

「昔と今とで考え方が違うものを紹介するときに使える表現だなー」

と思ってノートに書き留めます。

そして覚えます。

 

次の1センテンスを見て

S has been adapted, with both positive and negative outcomes.

という表現が、

「賛否両論ある政策を表すときに使える表現だなー」

と思ってノートに書き留めます。

そして覚えます。

 

次の段落の最初のセンテンスの

The obvious argument in its favour is that ~

という表現が、

「賛成意見を述べる文章の書き出しに使えるなー」

と思ってノートに書き留めます。

そして覚えます。

 

その直後のthat節の中にある

S pick up ~ much more easily than ~

「誰かが何かのスキルを他の人より身につけやすいことを表現するときに使えるなー」

と思ってノートに書き留めます。

そして覚えます。

 

はい、こんな感じです。

なんとなく感覚的に分かりますかね?

丸暗記すると、その文章、そのテーマ、その設問でしか使えない表現になります。

でも骨格部分や構文を抜き出すと、他のテーマ、他の設問でも使えます。

そういった使い勝手が良さそうな構文をどんどん覚えていくということです。

そのときに、どんな場面で使えそうかな、というのを想像してみるのが良いと思います。

そうすると、例えば、反対意見を言うときにはこんな表現がある、といった表現集みたいなものがノートに出来上がります。

これを覚えていく、というわけです。

 

基本的にライティングの写経するときも意識は同じです。

こんな感じで使える表現を覚える意識、自分の表現集を作る意識で、写経もやってみて下さい。

 

IELTSを無料で勉強したい方は以下のメールセミナーをどうぞ。

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数3,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-ライティング表現力UP
-,

執筆者:


  1. 松下麻衣 より:

    こんばんは。松下です。
    この記事を読んで、まさしく私のことだなあーと読ませてもらいましたよ。

    • 藤本政信 より:

      松下さん、コメントありがとうございます。
      まさしく先日頂いたご質問です。
      いいご質問だったのでシェアさせて頂きました。
      実例だと伝わりやすいですよね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

私の修業時代の勉強法を公開(2)

こんにちは。藤本です。 今回は、前回の続きを公開します。 前回の投稿は以下からどうぞ。 私の修業時代の勉強法を公開(1)   留学前の私のリスニング勉強の痕跡と、IELTSのライティングを研 …

IELTSライティングで、流れを分かりやすくするために

こんにちは。藤本です。 ライティングでときどきあるのが、1文1文は、それなりにしっかりと書けているのだけれど、各センテンスのつながりがどうも分かりにくい、というケースです。 添削者も一人の読者として、 …

アウトプットを前提としたインプット

こんにちは。藤本です。 私のライティング対策講座を受講頂く方には、 「初回のレッスンまでにここを覚えてきてくださいねー。テストしますよー。」 とお伝えしてお渡ししている事前学習なるものがあります。 & …

もっとカンタンに英作文を作れるパターン① 時・条件を示す従属節

こんにちは。藤本です。 最近、生徒さんのライティングを見ていて、もっとカンタンに英文にできるのに、わざわざ難しい英文を使って間違いになるケースがあるなー、と感じるポイントがあります。 そこでそのパター …

IELTSのライティングでオリジナリティを出そうとしたら負け

こんにちは。藤本です。 ライティングの添削を見ていて思うことの1つが、変にオリジナリティを出そうとして、かえって分かりにくい文章を書く人がいる、ということです。   何か人が考えないようなア …

登録者3,000名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

IELTS対策を始めたあなたに
IELTSブースターパック

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら

カテゴリー

キーワード検索