IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

単語

「単語が頭に入ってきません」

投稿日:2017年7月27日 更新日:

こんにちは。藤本です。

英単語を覚えるって、英語学習者の最初にして最大の難関ではないかと思います。

過去、このブログでも単語を効率的に覚える方法をお伝えしてきました。

IELTS必須の3,000単語を1か月で一気に覚える5つのステップ

 

実際にこの方法を実践された方からは、

「これまで以上に効率的に単語が覚えられました」

というお声もたくさん頂いています。

 

しかし中には

「どうしても10単語覚えるのに30分以上かかります」
「前日覚えた単語が翌日にはほぼ完全に記憶から抜けています」

という方もいらっしゃいます。

特に英語に苦手意識を持っている方が、こんな傾向があるようです。

 

人間には忘却曲線というものがあって、時間が経つに連れて覚えたものを忘れていくようになっています。

もちろんその曲線には個人差があるし、年齢によっても変化します。

なので、例外的に本当に覚えられない人や、前日の記憶が全くない人もいるでしょう。

 

しかし、それは本当に例外的なケースです。

例えば、日本語で新しい単語を覚えようとすれば覚えられますか?前日に会った人の記憶はありますか?

答えがYesであれば、英単語も同じように覚えられるし、思い出せます。

まずは「自分には覚えられない」という自己暗示を解いて、日本語で新たな用語を覚えるのと同じように、単語と意味をつなげて覚えていきましょう。

 

どうしても時間がかかって効率が悪い場合は、一度に覚える単語の量を半分にしたり、完璧主義にせず8割あっていれば良しとして次に進むなどの工夫もしてみると良いでしょう。

 

また、どうしても覚えられない単語は、画像検索や語源、語呂合わせで覚えることも大切です。

単語を記憶に残すためのツール

語源を知ると二度と忘れない単語たち

 

単語を覚えるのは、英語学習のスタートです。

さっさと終わらせて、ハイスコアを取る基礎を固めましょう。

 

Have a good day!

 

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数1,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-単語
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「単語は文章の中と単語帳とどちらで覚えるべきですか?」

こんにちは。藤本です。 IELTSがどういった試験かを知った後に、具体的な勉強をどこから始めるかと言えばやっぱり単語ですね。 英語はすべて単語の組み合わせで出来ているわけですから、単語がすべての基礎に …

単語を記憶に残すためのツール

こんにちは。藤本です。 英語を上達させたければ、何が必要でしょう? 「楽に上達させたい」 と思えば楽にやればいいでしょう。 でもそれで早く向上しますか?   向上させるため、1つ上のステップ …

単語から逃げない

こんにちは。藤本です。 私は単語力は英語の実力を図るバロメーターの1つだと思っています。 なぜなら英語の基礎力は単語力と構文力だからです。 構文力とはリスニングやリーディングなどのインプット系では構文 …

なぜIELTSに単語力が必要なのか?

IELTSはさっさと卒業して光をつかめ! IELTSトレーナーの藤本です。 テレビを見ていると、ときどき過去20年の重大ニュースとか、その年に流行したものの特集とかやっていますね。 そういうのを見ると …

語源を知ると二度と忘れない単語たち

こんにちは。藤本です。 今日この記事を読んだあなたはラッキーですよ~。 この記事を読むだけで8つの単語を今後二度と忘れられないほどしっかりと覚えることが出来ます。 では参ります。   単語を …

登録者1,500名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

IELTS対策を始めたあなたに
IELTSブースターパック

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら