IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

IELTSライティング対策

IELTSジェネラルトレーニングモジュールのライティングTask1のポイント

投稿日:

こんにちは。藤本です。

ジェネラルトレーニングモジュールのライティングセクションに特化した記事は、これまで書いたことがなかったですね。

市販されている参考書を見ても、ジェネラルトレーニングについて書かれた参考書は極端に少なく、情報が集めにくいと思いますので、一度まとめておきたいと思います。

 

設問内容について

Task1は、手紙を書く問題です。

Task2は、様々な意見や現象に対して見解を書くエッセイで、形式はアカデミックモジュールと同じです。

なので、ここではTask1のみの話をしていきます。

 

設問の分析

設問にはその手紙について、どのような背景があり、誰に向けて書くのかの指示があります。

さらに箇条書きで3つの内容を含めるように指示があります。

ここから大きく2つのことを分析します。

それは

1.手紙のトーン

2.手紙の目的

です。

 

適切なトーンで一貫して書く

手紙のトーンとは、それほど親しくない人や対等でない関係の人に向かって丁寧で、礼儀のある文体(フォーマル)で書くのか、親しい対等な人に向けて書く、親密な文体(インフォーマル)で書くのかを示しています。

このトーンを、手紙の背景と宛先から判断します。

例えば、ある企業の採用担当者に書く仕事の応募の手紙なら、フォーマルに書くべきですし、親しい友達に書くパーティの誘いならインフォーマルでも良いでしょう。

フォーマルに書くべき手紙で、インフォーマルな表現が含まれるのはもちろんNGですが、親しい友達に必要以上に固いフォーマルな文面にするのも変ですね。

そのあたりの判断をしっかりと行います。

 

トーンがどこに現れるかというと、色々な箇所に現れますが、例えば最初の宛名部分が、

Dear Mr.Fujimoto

のような「敬称」プラス「ラストネーム」であればフォーマルだし、

Dear Masa

のような「敬称無し」で「ファーストネーム」ならインフォーマルな感じになります。

 

それから、文章全体も、

Thanks a lot.

みたいな口語に近い文章ならインフォーマルだし、

I would appreciate it.

のような丁寧な文面ならフォーマルになります。

 

これらのトーンを一貫させる、というのがジェネラルの場合は非常に重視されます。

 

手紙の目的を書く

次に手紙の目的をしっかり書くようにします。

これは、設問にある手紙の背景と、箇条書きされた3つの指示から、考えていきます。

 

例えば、この手紙は、情報を提供するための手紙なのか、アドバイスを求めるための手紙なのか、不満を伝えるための手紙なのか、みたいな感じですね。

この目的を手紙の前半部分でしっかりと記載するようにします。

 

ここは日本語で書く手紙と少し違う感覚かもしれませんね。

しかし、IELTSのジェネラルの採点基準では、この目的が記載されているかどうかが、採点基準の1つになっていますので、クリアに目的を書いてあげます。

 

3つの箇条書きの指示をバランス良く書く

目的を書いた後(あるいは内容によっては、目的の記載と並行して)、箇条書きされた3つの指示の内容を書いていきます。

ここでは基本的に指示通りの内容を記載していけば良いわけです。

指示に沿っていない場合は論外ですが、書いていたとしても、それらのバランスが良くないのも問題です。

例えば、3つのうち2つは80ワード以上記載しているのに、1つについては、5ワードだけ、というのはあまりにバランスが悪いですね。

しっかりとバランス良く記載していくようにします。

 

まとめ

表現力(単語・文法)や、フォーマット(宛名から署名に至るまでの基本フォーマットや改行ルール)については、別途磨いていく必要はありますが、特にジェネラルTask1の論理展開において、大きな比重を占めるのが、

・トーンの一貫性
・手紙の目的
・3つの箇条書きの指示通りの記載

が守られているかです。

これら3つが守られていたら、比較的Task1のスコアは安定しやすいと思います。

 

表現力やフォーマットについてはこちらを参考にしてみて下さい。

IELTSライティング対策 ~6.0を取るための9つのコツとポイント~

 

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数1,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-IELTSライティング対策
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

日本語感覚だとアウト。IELTSライティングのおいて注意すべき日本語と英語の3つの違い

こんにちは。藤本です。 日本語と英語って同じ言語でも、色々な違いがありますね。 日本語だと自然な言い方でも、英語だとかなり不自然ってことはよくあります。 今日は、よく見かける代表的な違いを3つほど挙げ …

IELTSライティングのスキルは型作りと添削で上がります

こんにちは。藤本です。 私の英語力がまだ低かったとき、IELTSで苦しんでいたセクションはライティングでした。 IELTSの日本人の平均点で最も低いのがライティングですから、ある意味私は平均的な日本人 …

コレをやると意味が伝わらない!IELTSライティングの3大文法ミス

IELTSはさっさと卒業して光をつかめ! 藤本です。 ライティングの添削をしていると繰り返し出てくる文法ミスがあります。 文法ミスもaやtheが抜けていたり、カンマがなかったりするくらいであれば、ミス …

「IELTSライティングに時間がかかる」の解消法

こんにちは。藤本です。 IELTSライティングは60分でTask1とTask2を書かなければなりません。 しかし、その60分で2つのタスクをこなすのはなかなか骨が折れます。 そこで、時間がかかる場合の …

IELTSライティングのチェック項目2

こんにちは。藤本です。 前回からIELTSライティングTask2の論理展開面のチェック項目について書いています。   今日は「サポーティングアイデアが適切か」という話です。 よくIELTSの …

登録者1,000名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら