IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

IELTSライティング対策

IELTSライティングで6.0⇒6.5⇒7.0と伸ばすために取り組んだ5つのこと

投稿日:2017年1月9日 更新日:

IELTSライティングで7.0を取るにはどんな取り組みが必要か?

今日は、私自身の経験を書いてみたいと思います。

 

こんにちは。藤本です。

IELTSライティングは、4つあるセクションの中でも最難関で、出願基準が全セクション6.5以上となっている人にとっては、最後まで苦しむセクションだと思います。

実際、他のセクションに比べて平均点も低く、ライティングだけ基準が厳しすぎないか?と思ってしまう人も多いでしょう。

 

そのライティング、やはり「6.0」「6.5」「7.0」の3つの壁でとどまってしまう人が多いようですので、今日はその3つの壁を越えるために、私がどのような対策をしたかをまとめてみたいと思います。

 

はじめに

私がIELTSを初受験したのは、留学を終えて帰国した後の話です。

そしてそのときのライティングのスコアは5.5でした。

一応、留学前のTOEFLではライティングが一番の得点源だったうえに、MBAで散々レポートとか書いてきて曲がりなりにも卒業できたレベルですよ。

それでも6.0を越えないという事実に、まず衝撃を受けました。

「これは本気の対策が必要だ」

と感じて、そこから真剣にライティングに取り組むことを決意しました。

 

ただ私の場合、それ以前にTOEFLや大学院でのレポートに取り組んできたこともあって、基本的なフォーマットの話や、基礎的な文法の話はある程度頭に入っていました。

例えば、ライティングスコア5.0以下の人や、文法に自信が無い人にとっては、この後お話する5つの対策だけでは十分ではないかもしれません。

その場合は、以下の記事がより包括的にカバーされていますので、合わせて読んでみて下さいね。

IELTSライティング対策 ~6.0を取るための9つのコツとポイント~

 

 

対策1:ライティングノートの作成(基礎)

ライティングの勉強というのは、実は「覚える」ということが何より重要です。

なぜなら、覚えていないものは書きようが無いので。

なので、ライティングの型を、良い構文を、良い語彙を、それぞれ覚えて自分の中で使える形にしていく必要があります。

 

さらに、その「覚え方」にはレベルがあります。

曖昧な記憶で本番で迷うような覚え方のレベルと、本番で迷わず瞬間的に出てくるまで覚えているレベルとでは全く結果が異なりますね。

アウトプットを前提としたインプット

 

なので、ライティングの勉強の際には、常にきっちりとアウトプットできることをゴールにして勉強をしていく必要があります。

で、そのきちっとアウトプットできるレベルに至るまでの暗記作業に最適なツールがライティングノートでした。

 

ライティングノートとは聞き慣れない言葉だと思いますが、私が勝手に名付けたものです。

簡単に言うと、ライティングに関する表現や語彙などを記録していくノートのことです。

これをひたすら作っていくことで、ライティング力は大きく向上しました。

 

では、そのノートにはどんなことを書いていったのかというと、、、

例えば、解答例を見ていて、

「これは使えるな」

という構文だったり、添削を受けて修正された表現を見て

「自分では出てこない表現だけど、使えると便利そう」

という語彙だったりを書いていったんです。

こうして自分の引き出しを増やしていくイメージですね。

解答例からどうやって、そういう表現を抜き出すのかについては、以下に実例を示しているので見てみて下さい。

ライティングの解答例から使える表現を抽出する方法(実例解説)

 

そして、このノートは、後からの記憶作業を助けるために「ある工夫」をしました。

それはノートを左右に分けて使うという方法です。

左に日本語やヒントだけを書き、右に英文や覚えたい内容を記載していく、という方法です。

こうしておくと、後から見直すときに、右側を隠して、左側の日本語やヒントだけを見て、右に書いた英語表現や単語を思い出せるかを確認することが出来ます。

いわば、自分で自分専用の一問一答形式の問題集を作るようなイメージですね。

ノートの作り方の詳細はこちらの記事を読んでみて下さい。

ライティングノートの作り方

 

この使える表現の抜き出しや、それをアウトプットを前提としたノートにまとめていく作業は、私のライティング対策のベースであり、7.0を超えるまで使い続けた最も大切な対策方法の1つでした。

そして、このノートは蓄積すればするほど真価を発揮しました。

 

では、どんな作業をして、このノートを埋めていったのかを具体的に見ていきましょう。

 

 

対策2:解答例の研究+写経(6.0対策)

まず行ったのは解答例の研究です。

解答例は、公式問題集を始め、ライティングを扱っているIELTSの参考書ならどこにでもあります。

この解答例を研究することから始まりました。

 

ただ公式問題集(過去問)に掲載されている解答例は、最初の段階だとちょっと使いにくいのが正直なところです。

公式問題集に掲載されているのは、採点官が書いた超高尚な表現満載のパーフェクトな解答例か、間違いが含まれた受験生のサンプルです。

しかも受験生のサンプルは非常に読みにくい手書きです。

 

ということで、私が参考にしたのはこちらの参考書にある解答例でした。

 

色々比べてこの参考書にしたわけではないのですが、結果として今出ている色々な参考書と比較しても、一番最初に取り組む題材としては、難易度的に最適だったかなと思います。

ここで、IELTSの設問パターンがいくつかに分類されること、そのパターンごとにライティングのスタイルが変わることを理解しました。

 

同時に、解答例を見ていて使える表現や論理展開は、対策1のライティングノートにどんどん書き込んでいきます。

これらの対策をしっかりしただけでも、英語の基礎力がある人であれば6.0は越えてくると思います。

 

さらに、この解答例の研究をする際に、より時間をかけて、でも深く研究する方法として写経をしました。

写経とは、解答例を丸々書き写す作業ですね。

私はこれを50問くらいやりました。

ライティングにおけるシャドーイング

 

写経のメリットとして大きかったのが、目で追っただけでは見逃してしまうような表現や論理展開に気づけた、ということです。

写経は一言一句書き写していくわけですから、非常にゆっくりした作業になります。

その分、目で読んだだけでは気付かなかった論理展開や表現上の工夫に気づくことがあるわけです。

実際、私も写経をすることで、1つの解答例を丁寧に読むことが出来、そこから多くの論理展開や表現を盗むことが出来ました。

 

ただし、写経をするには1つ大きな注意点があります。

それは「ただの書き写し作業にしない」ということです。

例えば10問写経すると決めて始めていくと、いつの間にかそれが義務になり、作業になってしまいます。

作業というのは、頭を使わず手だけを動かしている状況です。

これでは写経の意味は全くありません。

写経は、「ここでこんな表現を使っているのか」「ここはこんな感じで展開しているのだな」という解答例における展開のうまさとか表現の巧みさを研究しながらしていくのが、一番得るものがあります。

 

なので、解答例の研究や、ライティングノートがある程度蓄積してから実施した方が良いかなと思います。

それ以前に取り組むと、どこがどう良いのかが分かりにくいと思います。

 

そして写経の結果、覚えたい表現などが出てきたら、それらもすかさずライティングノートにメモしていきました。

こうして、ライティングノートはどんどん充実していきました。

 

 

対策3:添削(6.0~6.5対策)

6.0、6.5の壁を破るために最も有効だった取り組みは添削でした。

添削は身近に添削が出来る人がいなければ、有料のサービスを受けることになります。

私もいくつかの添削サービスを利用しました。

 

添削サービスを選ぶときに重視したのは、

「IELTSに特化していること」

です。

IELTSに特化していない添削サービスはいくつもありますが、IELTS特有の基準で採点されている以上は、それに特化した添削を受けるべきだと思います。

特にIELTSは、語彙や文法ミスといったいわゆる表現の部分だけでなく、設問に答えているか、論理的に展開されているか、といった中身の部分を厳しく問われます。

従って、その部分までしっかり指摘してもらわないと、IELTSにおいてはスコアにつながらないということになるわけです。

 

添削を受けたことの効果は3つありました。

1つは当たり前のようですが、添削してもらうためには自分で実際に書かないといけないということです。

Task1、Task2のライティングを実際に書いてみるというのは、非常にエネルギーが必要な作業なので、なかなか自分では書こうという気になれません。

しかし、添削をお願いする、という強制力が働くことで、無理矢理にでも書く機会が生まれます。

正直、ライティングは書くことでしか上達しないと思います。

なので、添削を受ける以前に、自分で書いてみるという作業をすること自体が、ライティングを伸ばす要因になったのではないかと思っています。

 

2つ目の効果はフィードバックを受けることによって、自分一人では気付かなかった視点が得られたということです。

単数形、複数形のミスとか、時制のミスとか、言われたら分かるレベルのミスは、添削を受けることで、それなりに意味はあります。

しかしそれは元々知っている範疇の話であり、大きな成長ではありません。

重要なのは、自分の視界には入ってもいなかった、知りもしなかった視点での修正です。

特に「設問に答えられていない」というのは、ほとんど自分では気付くのが不可能な領域です。

「この設問に対して、こんな表現を使うと『設問に答えていない』という評価になるのか」

ということに気づけたのは、添削してもらったことの大きな利点の1つでした。

 

3つ目の効果は、採点基準を感覚的に理解できるようになったということです。

IELTSの試験本番では、最終的なライティングのスコアしか分かりません。

これだけを見ていると、「あれだけ勉強したのに、あれだけ書けたのに、なぜ前回と同じなんだ」という気持ちになることがあると思います。

実際、私も6.0、6.5の壁の前で、数回そんな思いをしました。

その分、添削を受けて、スコアの根拠が示されていたとすると、なぜそのスコアなのかに納得がいくようになります。

同時に、どこを修正すればスコアに影響してくるかが分かるようになります。

 

こうして添削を重ねることで、ライティングは大きく改善されていきます。

もちろん添削を受けて修正された箇所は、ライティングノートに書き込みです。

1度修正された箇所は、2度と間違えないようにしていけば、自然にスコアに反映されていきますからね。

 

 

対策4:オリジナルテンプレートの作成(6.5対策)

テンプレート戦略とは、どのような設問に対しても使えるようなテンプレート表現をあらかじめ覚えておき、それを使って書くことです。

テンプレートの是非については、以前からこのブログでもお話していますが、私はテンプレートを使うのは有りだと考えています。

IELTSライティングのテンプレートについて

 

ただし、単純なテンプレートでは、「暗記している」「設問に答えられていない」という評価になる可能性が高いため、設問タイプに応じてそれぞれ別のテンプレートを作る、という作業をしていきました。

ネットにもテンプレートが出ていたりもしましたが、私はオリジナルでテンプレートを作りました。

実際、ネットに出ているテンプレートは、間違いを含んでいたりします。そのまま使うのは危険なんです。

 

このオリジナルでテンプレートを作る際に役立ったのが、それまで蓄積してきたライティングノートです。

様々な解答例の中から、イントロで使える表現、ボディで使える表現、コンクルージョンで使える表現などをピックアップしていき、いくつかの候補を様々な設問に当てはめながら微調整していき、最終的なテンプレートを作っていきました。

 

このテンプレートが固まり、ソラで言えるほど完全に記憶し、色んな設問に対して自在に当てはめられるようになっていった頃、ライティングのスコアは常に6.5で安定するようになりました。

 

 

対策5:高度かつ自然な表現力強化(7.0対策)

最後の対策は6.5が安定的に取れるようになった後に、7.0対策で行った表現力対策です。

これは、英文に出てくる高度な単語と構文を拾い集めていき、覚える作業です。

 

ただこれまでと異なるのは、題材がライティングの解答例だけではなく、リーディングの題材やリスニングの題材にも広げていった点です。

特にリーディングの題材は、

「この表現を次のセンテンスではこういう単語でパラフレーズしている」

などと、パラフレーズの表現などにも着目して、収集していきました。

それまでは、自分には難しすぎると敬遠していた単語も積極的に集めていって600単語ほどをピックアップしました。

そして、それをやはりライティングノートに記載していきます。

暗記の仕方も、単に日本語を英語に訳すだけでなく、簡単な英単語を難しい表現にパラフレーズしたり、日本語では同じ訳がついているけどニュアンスが異なる単語の違いを理解したり、といった内容になります。

ニュアンスの違いを理解するのに役立ったのはこちらです。

 

この難しい単語への取り組みは、タイミングが重要で、6.5が取れてからの方が良いと思います。

それ以前に取り組んでしまうと、文法が間違いだらけなのに、単語だけがやたら難しいという、極めて読みにくい英文が出来上がってしまいます。

なので、ある程度文法が安定した6.5以上で取り組むと効果が高いと思います。

私も最後にこれを取り組むことによって、7.0の壁を突破しました。

 

 

まとめ

ライティング6.0、6.5、7.0の壁を越えるために、実際に私がやってきたことをまとめてみました。

それぞれ理屈は簡単ですが、実際に取り組むのは時間、労力がかかるものが多いと思います。

しかし、ライティングはそれまで取り組んだものの蓄積が成果につながります。

1つの対策がすぐに効果を発揮しなくても、積み重ねていけば必ず成果に現れますので、あきらめずにコツコツ実施していきましょう。

 

Have a good day!

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数1,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-IELTSライティング対策
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

見たことない表現は大抵間違っている法則

こんにちは。藤本です。 今日はライティングの1つのマインドセットについて。 それは、 「自分で作った表現は大抵間違い」 ということです。 全部がそうとは言いませんが、自分がちょっとカッコ良さそうだと思 …

日本語感覚だとアウト。IELTSライティングのおいて注意すべき日本語と英語の3つの違い

こんにちは。藤本です。 日本語と英語って同じ言語でも、色々な違いがありますね。 日本語だと自然な言い方でも、英語だとかなり不自然ってことはよくあります。 今日は、よく見かける代表的な違いを3つほど挙げ …

ライティングTask1のグラフデータはどこを説明すべきか

こんにちは。藤本です。 IELTSライティング(アカデミックモジュール)におけるTask1の最頻出問題はグラフ・表問題ですね。 普段からグラフとか表を見慣れていない方は、どこを説明したらいいか迷ってし …

試験本番まで4科目をどういう配分とペースで勉強すべきか

こんにちは。藤本です。 今日は試験本番までどのように勉強するかという話です。 IELTSの場合、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングと4科目あるわけで、全く勉強しなくてもスコアが取れる …

英語の勉強、初期、停滞期、成長期にそれぞれやったこと

こんにちは。藤本です。 前回投稿で私のスコア推移を公開して、そこに初期の順調な伸び、200点前後で停滞した時期、その後もう少し高い水準に伸びた時期、最後にひと伸びした時期があったことをお伝えしました。 …

登録者1,000名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら