IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

IELTSライティング対策

IELTSライティングで、流れを分かりやすくするために

投稿日:2015年10月26日 更新日:

connect-20333_640

こんにちは。藤本です。

ライティングでときどきあるのが、1文1文は、それなりにしっかりと書けているのだけれど、各センテンスのつながりがどうも分かりにくい、というケースです。

添削者も一人の読者として、話の流れが分かりやすい時は、スラスラ読めますが、話が途切れているように感じる文章というのは、

「あれ?前のセンテンスで何書いていたっけ?」

と戻らなければならなかったりします。

 

そういう文章に欠けている要素が、2つあります。

つなぎ表現と指示語です。

 

つなぎ表現は、その前の文章と次の文章との役割の違いを示すものになります。

だから前の文章が前提となって、次の文章が結論なら、Thereforeが入ったり、逆に、前の文章までとは逆のことを言いたければ、HoweverとかIn contrastが入ったりします。

使いすぎは良くないですが、前の文章と次の文章の役割が明確に意識出来ていれば、自然にそういったつなぎ表現が入ってくるものです。

使えていないということは、各センテンスごとの役割があまり意識出来ていないということで、自然に文面もメリハリのない平板な印象になります。

 

指示語の方は、同じ表現の繰り返すを避けるというのが1つの狙いですが、もう1つの狙いは、やはりつなぎ表現と同じく、前に出てきた事象との関連性を示します。

特に、その直前に出てきた内容をThisで示して、This example showsとか、This action brings aboutとか書けると、非常に前の内容との関係性が明確になります。

 

流れに応じてこれらの要素が使えるようになると、ライティングの流れは一段良くなりますよ。

お試しください。

それでは、また。

 

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数1,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-IELTSライティング対策
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

IELTSライティングで6.0⇒6.5⇒7.0と伸ばすために取り組んだ5つのこと

IELTSライティングで7.0を取るにはどんな取り組みが必要か? 今日は、私自身の経験を書いてみたいと思います。   こんにちは。藤本です。 IELTSライティングは、4つあるセクションの中 …

日本語感覚だとアウト。IELTSライティングのおいて注意すべき日本語と英語の3つの違い

こんにちは。藤本です。 日本語と英語って同じ言語でも、色々な違いがありますね。 日本語だと自然な言い方でも、英語だとかなり不自然ってことはよくあります。 今日は、よく見かける代表的な違いを3つほど挙げ …

IELTSの対策と勉強法シリーズ(スキル編)

こんにちは。藤本です。 前回からIELTSの対策と勉強法シリーズをお届けしています。 今回はシリーズ2回目のスキル編です。 過去お伝えしてきた具体的な勉強法についておすすめ記事をピックアップしてみます …

ぎこちないライティングになる人の特徴

こんにちは。藤本です。 ライティングの添削をしていると、非常に滑らかな英語を書かれる人と、とてもぎこちない英語になる人とに分かれます。 基本的には、そのまま英語力の差とも言えるわけですが、じゃあその差 …

流れるようなライティング

こんにちは。藤本です。 私が好きな時間の過ごし方に、ぼーっと川の流れを眺めるという過ごし方があります。 疲れたときとか、煮詰まったときに、ただただ1時間くらい川の流れを見つめるんです。 そうするだけで …

登録者1,500名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

IELTS対策を始めたあなたに
IELTSブースターパック

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら