IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

英文法

受け身を使うときの注意点

投稿日:2015年10月9日 更新日:

grammar-389907_640

こんにちは。藤本です。

今日はIELTSライティングの添削をしていて、非常によく出てくる間違いの話です。

多分ライティング5点台の人は半分以上、この間違いをしているんじゃないでしょうか。

(×)Trains are used travels.

日本語で言うと、「旅行のときに電車が使われる」という感じですね。

どこが間違いか分かりますか?

 

 

はい。

travelsの前に何か前置詞が必要ですね。

(○)Trains are used for travels.

となります。

この受け身を使った直後に目的語のように名詞を置くという間違いが、とっても多いんです。

なぜ受け身の直後は名詞が置けないか分かりますか?

 

受け身を元の能動態に戻せば分かります。

「使われる」を「使う」に戻すと主語が明確になりますね。

ここでは主語をPeopleとすると

(○)People use trains for travels.

となりますね。

ここではuseの目的語がtrainsです。

これを受け身にしたらtrainsが主語になって

(○)Trains are used for travels (by people).

ってなりますよね。

つまり受け身を使っている時点で、元の構文の目的語を主語にしているんです。

だから受け身にした時点で、目的語は無くなるということです。

 

例外はあります。

元々の文章に目的語が2つある文章(第4文型)です。

(○)I gave him a present.

これは目的語がhimとpresentの2つあるので、どちらかを主語にして受け身にしてももう1つの目的語が残ります。

(○)He was given a present (by me).
(○)A present was given him (by me).

 

ということで、目的語が元から2つある文章以外は、受け身にしたら目的語がつかないって覚えておきましょう。

それでは、また。

 

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数2,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-英文法
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

関係詞の制限用法と非制限用法

こんにちは。藤本です。 よくある文法間違いシリーズです。   今日は関係代名詞の制限用法と非制限用法です。 ライティング添削をしていると、意外とよく分かっていない人が多いですね。 &nbsp …

私の修業時代の勉強法を公開(1)

こんにちは。藤本です。 今回は動画を作ってみました。   私が留学前に英語の勉強をしていたときのノートやデータを少し公開したいと思います。 長くなったので、2つに分けて公開します。 まずは前 …

IELTS対策を始めた方に

こんにちは。藤本です。 先月末に新たな教材である「IELTSブースターパック」を販売開始しました。 リリース前は1週間ぐらい徹夜状態が続き、毎朝足がつるという状態が続きましたが、各方面のご協力を得て、 …

関係詞と分詞構文を混同するとホラー小説になる話

こんにちは。藤本です。 よくある文法間違いシリーズです。 今日は関係詞と分詞構文です。 2つの節をつなぐときによく使う構文ですが、この2つを混同してしまうケースが結構ありますね。   例えば …

IELTSの英文法の勉強方法

こんにちは。藤本です。 IELTSを早期に卒業するために実施すべきことは、集中すべきポイントがあったり、ちょっとしたコツがあったりします。 それらは決して大量ではないですが、方法を間違えると随分遠回り …

登録者2,000名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

IELTS対策を始めたあなたに
IELTSブースターパック

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら