IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

IELTSライティング対策

自動詞と他動詞の違いをスッキリ理解する方法

投稿日:2015年9月9日 更新日:

success-620300_640

こんにちは。藤本です。

今日はライティングでよく起こる英文法ミスの1つについて書いてみます。

それは「自動詞」と「他動詞」の混在です。

コレ、なかなか感覚的に分かりにくいみたいですね。

今日はこの違いを理解してスッキリしましょう。

 

自動詞と他動詞の違いは分かりますか?

・自動詞は目的語を取らない
・他動詞は目的語を必要とする

まずこれを覚えましょう。

シンプルですね。

だから動詞の後に目的語があれば他動詞、動詞の後に目的語がなければ自動詞です。

目的語は名詞ですから、端的に言えば動詞の後が名詞なら他動詞です。

 

I go to school.

はどっちですか?

動詞goの後ろは前置詞toで、名詞ではありませんから自動詞ですね。

 

I have a dog.

はhaveの後ろに名詞があるので他動詞ですね。

 

IELTSでよく出てくる単語で、ミスする率が高い単語にincreaseがあります。

increaseは自動詞、他動詞どっちでしょう?

答えはどっちもあります。

だからややこしいんですね。

でも意味が分かると納得します。

自動詞のときは「増える」です。
他動詞のときは「を増やす」です。

つまり他動詞のときは目的語があるので、「(主語が)目的語を増やす」という意味になるわけですね。

 

He increased the study time.
(彼は勉強時間を増やした)

このようにincreaseを他動詞として使う場合は、主語が増やす主体になります。

誰かが意図をもって増やしたとか、何かが原因となって増えたとか、目的語が増えた責任を明確に示したいときです。

 

逆に、自動詞のときは目的語がないので、増える対象は主語しかありません。従って「(主語が)増える」となるわけですね。

Population increased.
(人口は増えた)

自動詞increaseを使うときは、増えた原因とか責任者を明確にすることなく、ただ単に「増えた」という現象だけを表現します。

increaseの自動詞と他動詞の違い、分かりましたでしょうか?

 

では問題です。

(×)Population was increased.

コレ、よく見る間違いですが、どういう意味になるか分かりますか?

ヒントは、受け身になれるのは他動詞だけです。

 

受け身は、本来目的語だったものを主語にしたときの言い方です。

つまり

Population was increased.

は元の形に戻すと

Something increased population.

となるわけですね。

「何かが人口を増やした」という言い方を受け身にしたときに

Population was increased by something.

となります。

ということで

Population was increased.

「人口は(何かによって)増やさせられた」

となります。

これは普通、言いませんよね。

人口は誰かが意図的に増やした、ってことになりませんので、やはり自動詞の「増えた」を使うのが自然です。

 

さあ、これで自動詞と他動詞の違いは大丈夫ですね?

もうこのミスはしないようにしましょう。

それでは、また。

 

 

~今日のメールセミナー感想~

「毎日読むのが楽しみで仕方がなかったです。」

藤本 さま

こんばんは。
10日間のメールセミナーありがとうございました!
毎日読むのが楽しみで仕方がなかったです。

というのも実はまだIELTSを一度も受験したことがなく9月に初めて受ける予定でして、お茶は持込禁止なんだ。。!と衝撃を受けました。。

・メールセミナーを読んで良かった点

手をつけやすいリーディングやリスニングから勉強をスタートさせたものの、方向性が定まっておらずたまたま見つけたのが藤本さまの、このメールセミナーでした。
闇雲に問題を解いて、精読してその後音読して〜というような流れでリーディングを行っていたのですが、なぜ時間が足りないのか?などとその原因の追求まで行っていませんでした。
このメールセミナーを読んで、原因の追求と戦略を立てることが1番の近道であることに気付けたので、それが1番よかったです。

・このメールセミナーをおすすめしたい人

IELTSを未受験の人、一度受けたけど思ったスコアが出なくて、自分の勉強方法に迷っている方にオススメしたいです。
私は22歳で、小学校から大学まで勉強をする環境にいましたが、勉強の方法を学ぶことはありませんでした。
自分の勉強方法に癖が完全に出来ていると思います。
他人がどうやって勉強しているかなんて今まで全く関心がなかったのですが、自分の勉強方法がベストなわけないので、もっと早いうちから自分の勉強の癖を直しておけば、、!と思ったのが理由です。

これからの受験までの3ヶ月間でどれくらいレベルアップ出来るのか分からないですが、やり抜きたいと思います。
目指すは、一回で目標スコア達成です!大学在学中に留学するのが夢でしたが、叶わないまま社会人になり、人生心残りで後悔したくないと一発発起しております(^_^)

本当にありがとうございました。

(一部抜粋)

 

10日間無料で勉強したい方は以下からメールセミナーに登録してみて下さい。

Have a good day!

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数2,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-IELTSライティング対策
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

日本語で考えると間違えがちな英文の例

こんにちは。藤本です。 今回はライティングでよくある誤りのお話をしたいと思います。 色々なパターンがありますが、今日は特に目立つポイントを1つだけ。 日本語で考えると間違えがちな同格という話です。 & …

IELTSライティングでなぜスコアが上がらないか分からない人のために

こんにちは。藤本です。 IELTSライティングは自分では良く書けたと思っても大抵、思ったより低くスコアが出るものです。 何が悪かったのか、文字数が足らなかったのか、単語のチョイスが間違っていたのか、色 …

ライティングの解答例から使える表現を抽出する方法(実例解説)

こんにちは。藤本です。 ライティングの対策の1つに、解答例から良い表現を覚えていく、というやり方があります。 これは私もおすすめする方法です。   でも、実際解答例から、どうやって良い表現を …

IELTSライティングで6.0を確保するには

こんにちは。藤本です。 守・破・離 って言葉聞いたことありますか? 日本の能・茶道などの芸能文化、剣道などの武道などで師から弟子に教えを伝えることから出てきた思想です。 最初に教えられた型を守り、それ …

流れるようなライティング

こんにちは。藤本です。 私が好きな時間の過ごし方に、ぼーっと川の流れを眺めるという過ごし方があります。 疲れたときとか、煮詰まったときに、ただただ1時間くらい川の流れを見つめるんです。 そうするだけで …

登録者2,000名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

IELTS対策を始めたあなたに
IELTSブースターパック

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら