IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

IELTSリーディング対策

IELTSリーディングで難しいと感じる文章を読み切るコツ

投稿日:2015年7月13日 更新日:

read-book-795943_640

こんにちは。藤本です。

この週末に今年初めてセミの鳴き声を聞きました。

夏が始まりますねー。

 

さて、今日はリーディングについての話です。

リーディングってただ漫然と読んでいても、面白くないし、頭に入ってきません。

だから何かしらパターンが無いかって感覚で読んでいくと、色々見えてきます。

 

ちょっと私の留学時代の話をしてみます。

海外MBAの授業というのは大きく2つのタイプに分かれます。

 

1つは「レクチャータイプ」と呼ばれるもので、これは日本の授業と同じです。

教授が教室の前に立って講義する形式です。

そしてもう1つが「ケーススタディ」と呼ばれるもので、ある企業や業界に関しての状況について書かれた10ページから20ページの資料を読んで、その企業や業界について、クラス全員でディスカッションをするというものです。

で、その「ケーススタディ」の資料ですが、何ケースも読み続けていると、やがて、いつも同じパターンで展開されていることに気付きます。

多くのケーススタディでは、最初のパラグラフは、主人公の現在の様子が「写実的」に描かれます。

この「写実的」ってのがポイントです。

こんな感じです。

「○○社のCEO(最高経営責任者)である××は、新商品の販売予測に関するレポートを眺めながら、深いため息とともにソファーに身を沈めていた。」

そして、次のパラグラフから、話がぐっと過去に戻って、その企業の歴史が説明されたりして、なぜそのCEOが悩んでいるのかの状況が明らかになっていきます。

これがスタンダードなケーススタディの記述でした。

 

で、IELTSのリーディングもたくさん読んでいると、同じようなパターンが見られることが分かります。

 

例えばリーディングのパッセージで、第一パラグラフって、いきなり著者の主張から入るのではなくて、あるシチュエーションとかストーリーが述べられることってよくあるんです。

そして、この第一パラグラフの記載って、叙述的なので、ちょっと難しめの単語や構文が使われてたりするんですよね。

第一パラグラフは読者を話に引き込むために、敢えてこういう表現をしているんでしょうね。

ネイティブにとっては引き込まれやすい導入かもしれませんが、ノンネイティブにとっては、むしろとっつきにくい導入になっているわけです。

でも、その認識がないと、第一パラグラフを読んだときに、

「うーん、ワケが分からん」

と感じるかもしれません。

人によっては第一パラグラフがあまりに難しくて戦意喪失、第二パラグラフ以降は読んでいても頭に入ってこない、というケースもあるでしょう。

 

でもこれってもったいないんですよね。

仮に第一パラグラフが訳が分からなくても、第二パラグラフ以降は読みやすいという場合も少なくありません。

だから、特に第一パラグラフが分かりにくいときは、「導入のためのストーリーが書かれているな」くらいに考えて、切り替えて、第二パラグラフに入っていきましょう。

IELTSリーディングはこういったパターン認識ができると、話の展開がすごく分かりやすくなります。

お試しくださいね。

 

体系的にIELTSの勉強をしたい方は以下のメールセミナーを登録してみて下さい。

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数1,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-IELTSリーディング対策
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

リーディングでマンツーマン指導をする意味

こんにちは。藤本です。 英語指導には色々な形がありますが、大きく集団指導のパターンと個別指導のパターンがあります。 ライティングやスピーキングなどのアウトプット系のスキルに関しては個別指導の方が良いと …

IELTSのリーディング練習時に意識すること

こんにちは。藤本です。 リーディングの練習はどのようにしていますか? 多くの場合、ただ設問をひたすら解くとか、長文を読みまくるという練習をしているようです。 しかし、IELTSのリーディングは闇雲に練 …

IELTSリーディングで行き詰まっている方へ

こんにちは。藤本です。 IELTSリーディングでうまくスコアが出ない方は、どんなタイプの設問でスコアを落としているかをしっかりと分析すると良いです。 例えばパラグラフに適切なタイトルを選ぶ問題、このタ …

IELTSリーディングで求められる2つの視点

こんにちは。藤本です。 IELTSのリーディングは、設問によってマクロ視点とミクロ視点の両方が求められます。 例えば穴埋め問題やTRUE/FALSE/NOT GIVENは典型的なミクロタイプの設問です …

試験本番まで4科目をどういう配分とペースで勉強すべきか

こんにちは。藤本です。 今日は試験本番までどのように勉強するかという話です。 IELTSの場合、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングと4科目あるわけで、全く勉強しなくてもスコアが取れる …

登録者1,500名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

IELTS対策を始めたあなたに
IELTSブースターパック

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら