IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

IELTSライティング対策

IELTSライティングのチェック項目3

投稿日:2015年2月20日 更新日:

plate-67320_640

こんにちは。藤本です。

ここのところIELTSライティングTask2の論理展開面でのチェック項目についてのお話をしています。

 

今日はこのシリーズ最終回で「論理的に話が展開できているか」という話です。

日本語の特性なのか、日本の教育のためなのか、私たち日本人は論理的に論述することが苦手です。

かく言う私も自分では論理的だと思っていたのですが、留学時代に論文を書くとよく論理が飛躍しているとか、論理的でないという趣旨でフィードバックがあることがありました。

ライティングの添削をしているとほとんどの方はこの部分に問題があったりします。

では論理的に展開が出来ていないというのはどういうことでしょう。

 

よく「論理の飛躍」とか「言い切れないことを言い切っている」ということが問題になりますが、その最大の原因が「勝手な前提を置いている」ということです。

例えば「スポーツは必要か」といった課題だったときに

「スポーツは必要だ。なぜならスポーツをするとリーダーシップが育つからだ。」

といった論理展開があったとします。

このとき、書いた人は勝手にスポーツを野球とかサッカーみたいなチームスポーツとして考えていて、そこからリーダーシップが育つと考えているのかもしれません。

しかし、スポーツには陸上とか水泳のような個人競技もあるわけで、必ずしもリーダーシップが育つとは限りません。

この後ろの文章でチームスポーツという条件を明確にした上で展開しているならまだ良いですが、それがない場合、読み手によっては個人競技を思い浮かべながら話を読むわけで、全く意味が通じない文章になってしまいます。

 

このように解説されるとよく分かると思いますが、でもこんな勝手な前提を置いてしまっている文章って本当によくあるんですね。

あるいは「家の中では靴を脱ぐ」みたいに日本の価値観では常識かもしれませんが、採点者であるイギリス人から見ると必ずしも常識でないことってありますね。

そういう前提を勝手に置いて理論を組み立てると説得力が欠けるロジックになります。

あなたのライティングにはこんな勝手な前提が入ってませんか?

 

ということで、3回シリーズでライティングの論理展開のチェックポイントを書いてみました。

本当はもっと他にもありますが、よくあるポイントをピックアップしてみました。

ライティングのスコアが伸び悩んでいる方は、このような論理展開に課題がある可能性があります。

特に単語や文法のミスは少ないのに、なぜかスコアが伸びないという方は、これらのどこかに課題がある可能性大です。

是非ご自身でチェックをしてみると良いと思います。

IELTSライティング講座では、このようななかなか本人では気づけないようなライティングの課題を添削を通して客観的に診断して強化をしています。

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数1,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-IELTSライティング対策
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

IELTSライティングで論理的でない文章とは

こんにちは。藤本です。 IELTSのライティングには、「論理の一貫性とまとまり」という採点基準があります。 ここで、論理的な展開が出来ているかが問われるわけですね。 ただ「論理的」と言われても、どんな …

私が留学中に論文でもらった痛い指摘

こんにちは。藤本です。 私がライティング講座でお伝えしているポイントの中には、私自身が留学中論文で受けた指摘も含んでいます。 今日は、留学中私が受けた指摘で今も記憶に残っているポイントを2つほど。 & …

ライティングが出来ない理由と対処法

こんにちは。藤本です。 家の近くでも桜の花が見られるようになりました。 先週はうちの子供が終業式で、春休みに入りました。 いやー、春ですねー。   さて、本日はライティングについてです。 I …

IELTSライティングにおけるcan、mayの使い方

こんにちは。藤本です。 IELTSライティングの特にTask2では断定しない言い方というのが大事になってきます。 100%言い切れるとは言えない場面が多いからです。 例えば「人口増加が食料不足につなが …

IELTSライティングで、1回で二重にダメージを受けるミス

こんにちは。藤本です。 本日はIELTSのライティングでよく見かけるミスについて書いてみます。 それも結構ダメージの大きいミスについて。   それは代名詞の使い方です。   「代名 …

登録者1,000名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら