IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

IELTSリーディング対策

IELTSリーディングで特定の設問パターンが苦手な方へ

投稿日:2015年1月12日 更新日:

balance-154516_1280

 

こんにちは。藤本です。

IELTSリーディングの問題を解いていて、特定の設問パターンに苦手意識を持っている人いませんか?

苦手意識だけならまだいいですが、実際にその設問パターンの正解率も低いということであれば、その設問パターンに向けた対策を立てる必要があります。

 

例えば

1.True/False/Not given問題は得意だけどパラグラフタイトル問題が苦手かつ正解率も低い
2.パラグラフタイトル問題は得意だけどTrue/False/Not given問題が苦手かつ正解率も低い

という方がいたとします。

 

この両者は、英語能力に違いがあるというよりは、英文の読み方に違いがあります。

 

1.はミクロ的な読み方に長けています。

つまり英文の中から特定の情報を探す読み方をしているという感じですね。

 

逆に2.はマクロ的な読み方が出来ている方です。

細かい情報はさておき、英文全体で何を言わんとしているかを理解することに力点を置きながら読んでいるわけです。

みなみに、私は以前は2.のタイプでした。

 

IELTSの問題はこのようにミクロ的な視点を問うものとマクロ的な視点を問うものが混ざっています。

IELTSリーディングで大変なのは、ここの部分ということです。

 

あ、ちなみにどっちのタイプの問題も苦手という方は、その前段である英語基礎力に課題がある可能性があります。

そして明確な傾向はないけど両者とも安定しないという方は、ミクロ読みとマクロ読みのどちらで読んでいるかが安定していない可能性があります。

 

一番効率が良いのは問題によってマクロ読みとミクロ読みのモードを切り替えるハイブリッド型ですね。

英語基礎力がある人であれば、それを意識するだけでもリーディングスコアは安定するようになります。

最後までありがとうございました。

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数1,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-IELTSリーディング対策
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

英文が読めても内容が頭に残らないときは

こんにちは。藤本です。 リーディングでよくある悩みの1つが、こんな悩みです。 「単語は分かる」 「1つ1つのセンテンスは理解できる」 しかし、しかし、 「1つ1つのセンテンスは分かるのに最後まで読むと …

試験本番まで4科目をどういう配分とペースで勉強すべきか

こんにちは。藤本です。 今日は試験本番までどのように勉強するかという話です。 IELTSの場合、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングと4科目あるわけで、全く勉強しなくてもスコアが取れる …

IELTSリーディングで探している情報を忘れてしまう場合の工夫

こんにちは。藤本です。 IELTSのリーディングは、問題を先読みできるのが大きな特徴ですが、その問題先読みをしても、本文を読んでいるうちに何の情報を探しているのか分からなくなることはありませんか? 1 …

同じ問題を4回読み直してリーディング力を強化する方法

こんにちは。藤本です。 メリークリスマスですね。 ということは、今年も残すところ1週間ということですね。 年末に向けて、もうひと踏ん張り頑張りましょう。   さて、今日はリーディングについて …

IELTSリーディングを時間内に読み切る方法

こんにちは。藤本です。 IELTSリーディングで最も高い壁になるのが、60分という時間制限です。 60分の制限内で40問。 1問当たり1.5分ですね。 それなりのボリュームの英文を読んで、このスピード …

登録者1,000名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら