IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

IELTSライティング対策

IELTSライティングにおけるcan、mayの使い方

投稿日:2014年9月18日 更新日:

group-239251_640

こんにちは。藤本です。

IELTSライティングの特にTask2では断定しない言い方というのが大事になってきます。

100%言い切れるとは言えない場面が多いからです。

例えば「人口増加が食料不足につながる」と言いたかったとしても、人口増加が全ての地域、全ての食品の不足につながるわけではありません。

従って、「つながる」と断定する言い方は正確な表現ではなく、「つながる可能性がある」という断定しない言い方が正しいわけです。

ここでcanとかmayの使い方が重要になってきます。

canというのは「する可能性がある」という表現なので100%ではありません。

mayも同様です。

だから表現を和らげる1つの方法としてcanやmayを使うとより正確な表現ということになります。

1つ気をつけたいのは、canは断定しない表現ですが、cannotは「する可能性がない」という強い表現になります。

従って「できない」と言いたいときは「できない可能性がある」という意味で「may not be able to」という表現を使います。

この辺りは日本語をそのまま英語にしようとするとついつい間違えがちな表現です。

最後までありがとうございました。

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数2,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-IELTSライティング対策
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

IELTSライティングのチェック項目3

こんにちは。藤本です。 ここのところIELTSライティングTask2の論理展開面でのチェック項目についてのお話をしています。   今日はこのシリーズ最終回で「論理的に話が展開できているか」と …

IELTSライティングのテンプレートについて

IELTSはさっさと卒業して光をつかめ! IELTSトレーナーの藤本です。 今日から少し書き出しを変えてみました。 どうですか?   さて、今日はライティングの話を。 ライティングで、どのよ …

IELTSライティングTask1グラフ問題の考え方

こんにちは。藤本です。 本日はライティングの話です。 アカデミックモジュールの場合、Task1は図表の問題です。 その中で最も頻度が高いのがグラフですね。 このグラフ問題は得意な人とそうでない人に分か …

日本人講師ならではのフィードバック

こんにちは。藤本です。 急速に寒くなってきましたね。秋を楽しむ間もなく冬に突入しそうな勢いです。   さて、IELTSのライティング指導をしている中で、論理展開が飛躍している場面によく出会い …

自動詞と他動詞の違いをスッキリ理解する方法

こんにちは。藤本です。 今日はライティングでよく起こる英文法ミスの1つについて書いてみます。 それは「自動詞」と「他動詞」の混在です。 コレ、なかなか感覚的に分かりにくいみたいですね。 今日はこの違い …

登録者2,000名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

IELTS対策を始めたあなたに
IELTSブースターパック

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら