IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

IELTS対策全般 IELTSリスニング対策 IELTSライティング対策 IELTSスピーキング対策

英語は塊で覚えていく

投稿日:2014年9月15日 更新日:

1179701_24165602

こんにちは。藤本です。

英語ってよく塊で覚えるって言われます。

今日はそのことの意味を書いてみます。

英語にはコロケーションというものがあり、この目的語にはこの動詞、この名詞にはこの形容詞といった組み合わせが決まっています。

例えば「決断」は「decision」ですが、「決断する」は「make a decision」とか「the decision was taken by ~」とかのように動詞にはmakeやtakeが来ます。

これがdoやhaveだったら不自然な英語ということになります。

こういうコロケーションを覚えると色々な場面で有利です。

リスニングだと、make a decisionと言われたときに「make」と「decision」を別々に聞き取るという意識よりも、「make a decision」の一塊で聞きとった方が楽だし、精度がよくなります。

ライティングやスピーキングではもちろん、「決断する」と言いたいときに、自然な言い方であるmake a decisionがさらっと出てくると文章も自然になるし、結果としてスコアも上がります。

動詞と目的語なら

put pressure on(圧力をかける)
conduct a research(調査をする)
break the law(法を破る)
play a role(役割を果たす)

形容詞と名詞なら

large population(大きな人口)
heavy rain(強い雨)
compulsory education(義務教育)

などがコロケーションの代表的な例です。

こうやって英語を複数単語の塊で覚えていくと、IELTSだけでなく留学、移住してからの日常会話でも役に立つので、是非意識してみてください。

最後までありがとうございました。

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数1,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-IELTS対策全般, IELTSリスニング対策, IELTSライティング対策, IELTSスピーキング対策
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

リスニングでお勧めするのはこの本です

こんにちは。藤本です。 「リスニングのスコアが安定しません。どうしたらいいですか?」 というご相談に対して、私がおすすめしている本があります。 こちらの本です。 必ず聞き取れるTOEFLテストリスニン …

ライティングTask1のフローチャート問題は簡単です

こんにちは。藤本です。 IELTSアカデミックモジュールのライティングTask1はいくつかのパターンがありますが、そのうちの1つフローチャートについて書いてみようと思います。 このフローチャートは文字 …

まず打席に立ちましょう

こんにちは。藤本です。 何か新しいことをやるとき 「まず打席に立て」 と良く言われます。 四の五の言わず、とにかく実際を経験してみろ、ってことですね。 実際を経験する前から、あーだこーだ言って動かなけ …

難易度を上げて勉強するか、基礎的なことを繰り返すか

  こんにちは。藤本です。 私は昔高校で野球をやっていましたが、バッティングマシンで130キロを打ち込んでいると、試合で120キロくらいのピッチャーの球が見易くなるという経験がありました。 …

1つの分野しかやらないのはもったいないです

こんにちは。藤本です。 IELTS対策はリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングと4つの分野があり、それらを一度に高めていかないといけないので大変ですね。 1つの分野ごとに試験があれば、ど …

登録者1,000名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら