IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

IELTSライティング対策

IELTSライティングのパターン

投稿日:2014年9月2日 更新日:

i-65820_640

こんにちは。藤本です。

IELTSライティングは過去問を見ると分かるように、ある程度出題パターンが決まっています。

表現や単語などパターンを考えずに身につけようとすると範囲が幅広すぎるし、覚えたつもりの表現がいざというときに出てこなかったりします。

従って、そのパターンごとにフォーマットや表現を身につけていき、本番で出題パターンを見たときに、そのパターンに応じて必要な表現が出てくるように紐付けておくと効果的です。

例えばアカデミックのTask1では以下のパターンに分かれます。

・グラフ・表(棒、折れ線、円、表)
・フローチャート
・装置・構造図
・地図

アカデミックTask1では出題に偏りがあって圧倒的にグラフ・表のパターンが多いですが、それ以外を無視するといざ出題されたときに何も出来なくなってしまいますので、苦手パターンも一通り見ておいた方が良いです。

ジェネラルトレーニングのTask1は手紙形式ですが、内容的には以下の様なパターンに集約できます。

・忘れ物、引っ越し、情報収集、協力依頼等のリクエスト
・不満・心配・抗議表明+リスエスト
・学校や企業への応募
・就職や進学に向けた推薦
・アドバイス・指示
・謝罪
・感謝

それぞれのパターンごとに特有な言い回しや表現を覚えておくと良いです。

Task2は人によって分け方が異なりますが、私は以下の様なパターンで見ています。

・Argument(どの程度賛成か反対か)
・Discussion(両方の意見とあなたの意見)
・Outweigh(長所は短所より大きいか)
(Cause+Result)+(Effect+Solution)(Cause,Result,Effect,Solutionの4つのうち2つが聞かれる)

必ずしもすべてが当てはまるわけではありませんが、これらのパターンを覚えておくと、あとはその組み合わせで幅広く対応できるようになります。

最後までありがとうございました。

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数1,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-IELTSライティング対策
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

日本語感覚だとアウト。IELTSライティングのおいて注意すべき日本語と英語の3つの違い

こんにちは。藤本です。 日本語と英語って同じ言語でも、色々な違いがありますね。 日本語だと自然な言い方でも、英語だとかなり不自然ってことはよくあります。 今日は、よく見かける代表的な違いを3つほど挙げ …

武井壮理論に学ぶライティング添削の効果

こんにちは。藤本です。 突然ですが、武井壮さんって知ってますか?はい、あの百獣の王の人です(笑)。 武井さんはバラエティ番組で良く見ますが、その実、以前は陸上10種競技の日本チャンピオンでもあったりし …

IELTSライティングで論理的でない文章とは

こんにちは。藤本です。 IELTSのライティングには、「論理の一貫性とまとまり」という採点基準があります。 ここで、論理的な展開が出来ているかが問われるわけですね。 ただ「論理的」と言われても、どんな …

ライティングスキルをつけていく順番

  こんにちは。藤本です。 今日はスキルを高めていく順番について書いてみます。   スマートフォンを持っている人は、初めてスマートフォンを買ったときのことを思い出して下さい。 スマ …

IELTSライティングのチェック項目2

こんにちは。藤本です。 前回からIELTSライティングTask2の論理展開面のチェック項目について書いています。   今日は「サポーティングアイデアが適切か」という話です。 よくIELTSの …

登録者1,500名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

IELTS対策を始めたあなたに
IELTSブースターパック

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら