IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

IELTSライティング対策

IELTSライティングTask2で賛成・反対意見の理由が思いつかない場合

投稿日:2014年8月22日 更新日:

936812_18498265

こんにちは。藤本です。

IELTSのライティングTask2は、ある考えについて賛成、反対意見を述べる問題や社会問題に対する解決策などを書かせる問題が出ます。

このTask2の難しさは、それなりに説得力のある見解を時間内で組み立てなければならないということです。

それも要求される250文字という文字数から考えて、賛成意見にしても反対意見にしても2つ程度は理由を書かなければなりません。

この理由がなかなか思い浮かばないというケースがあります。

理由が思い浮かばないと時間切れとか文字数不足とかの事態を引き起こしてしまいますので、侮れない問題です。

理由を素早く挙げられるというのもIELTSライティングの(本質ではありませんが)大切なスキルなんです。

いつも適当な理由が思い浮かばないという人は、色々なテーマで幅広く使える理由を事前に準備しておくと良いです。

例えば一番簡単なのはコストを理由にするケース。

AとBという選択肢があってどちらが良いかを述べるときは、どちらがコストがかかるかを考えます。そして例えばAの方がよりコストが少なくて済むなら、Aを推す理由の1つにコストを挙げるわけです。

また「新たな雇用が生まれるか」という観点も、結構幅広いテーマで使える理由です。

例えば政府や企業がある施策を推進することに賛成か反対かというテーマなら、それによって新たな雇用が生まれるかを考え、雇用が生まれるなら、賛成理由の1つに雇用のことを書きます。

このように幅広く使える理由を、それを表す英文表現とセットで整理をしておくと、本番で理由を考えるのに使う時間を大きく削減できます。

私はライティングの模範解答などから40個程度、こういった幅広いテーマで使える理由をストックしていました。このおかげで理由とかその表現を考える時間はかなり節約できました。同じ問題で苦労している人は是非お試し下さい。

最後までありがとうございました。

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数1,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-IELTSライティング対策
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

IELTSライティングTask1グラフ問題の考え方

こんにちは。藤本です。 本日はライティングの話です。 アカデミックモジュールの場合、Task1は図表の問題です。 その中で最も頻度が高いのがグラフですね。 このグラフ問題は得意な人とそうでない人に分か …

日本語で考えると間違えがちな英文の例

こんにちは。藤本です。 今回はライティングでよくある誤りのお話をしたいと思います。 色々なパターンがありますが、今日は特に目立つポイントを1つだけ。 日本語で考えると間違えがちな同格という話です。 & …

ライティングノートの作り方

こんにちは。藤本です。 「英作文は英借文」 という言葉があるように、ライティングを伸ばしていくには、良い表現をどんどん自分のものに吸収していかなければなりません。 で、その表現を吸収する際にお勧めして …

ライティングの文法力の上昇

こんにちは。藤本です。 5月末に、IELTSブースターパックという教材を作りました。 この教材の中の目玉の1つが文法のテキストです。   この文法テキストを作ってから1か月ちょっとが経ちまし …

IELTSライティングのアイデアをすぐ出すコツ

こんにちは。藤本です。 IELTSのライティングは設問だけ与えられて、それに沿ってさえいればあとはどのような内容を書いても自由です。 そのくせに時間だけは決められています。 そんな形式のため、実は英語 …

登録者1,000名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら