IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

IELTSリーディング対策

IELTSのリーディング練習時に意識すること

投稿日:2014年8月21日 更新日:

702583_72529870

こんにちは。藤本です。

リーディングの練習はどのようにしていますか?

多くの場合、ただ設問をひたすら解くとか、長文を読みまくるという練習をしているようです。

しかし、IELTSのリーディングは闇雲に練習しても効果が薄いです。

例えば、筋トレをするときに、どの筋肉を鍛えているか意識しながら鍛えるとより効果的である、という話を聞かれたことはありませんか?

リーディングのトレーニングも同じです。

リーディングという全体で捉えるのではなく、IELTSのリーディングでスコアを伸ばすために必要などの力を伸ばそうとしているのかを意識することが大切です。

ではリーディングにはどのような力が必要なのでしょうか?

まずIELTSのリーディング力は英文読解の基礎力とIELTSに特化した解答力の2つの力が必要になることを理解します。

基礎力はさらに2つに分かれて、単語力と構文解析力です。この2つが高まることで速読力も上がります。

次に解答力ですが、ここではIELTSリーディングの解答のプロセスを理解します。

1.設問を理解する
2.設問で問われていることを本文から探す
3.設問で問われていることを解答する

設問の種類によって変わりますが、基本はこのプロセスです。

ですので、この3つのプロセスの力を鍛えていく練習が必要です。

問題を解くときも、解答を見て終わりではなくて、間違ったときは、あなたがこのプロセスのどこで引っかかっているのかを分析しながら見ていくと良いです。

どこが弱いかが分かればそこを徹底的に鍛えれば良いわけですからね。

ということで、リーディングの練習をするときは、どの力を鍛えているのか、どのプロセスを鍛えているのかを意識しながら練習をするということが大事という話でした。

最後までありがとうございました。

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数1,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-IELTSリーディング対策
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

IELTSリーディングでスピードと正解率を両方上げる読み方とは

こんにちは。藤本です。 本日はIELTSのリーディングについての話です。 リーディングの問題はまず文章の意味が一度で頭に入ってこないという人もいると思います。 その場合は、やはり基礎力として単語力と構 …

「リーディングでFalseとNot Givenの違いがよく分かりません」

こんにちは。藤本です。 先日こんなご質問を頂きました。 「リーディングに関して質問があるのですが、true, false, not given問題が苦手で、解答を見ても理解できないことが多々あります。 …

IELTSリーディングで探している情報を忘れてしまう場合の工夫

こんにちは。藤本です。 IELTSのリーディングは、問題を先読みできるのが大きな特徴ですが、その問題先読みをしても、本文を読んでいるうちに何の情報を探しているのか分からなくなることはありませんか? 1 …

IELTSリーディングを時間内に読み切る方法

こんにちは。藤本です。 IELTSリーディングで最も高い壁になるのが、60分という時間制限です。 60分の制限内で40問。 1問当たり1.5分ですね。 それなりのボリュームの英文を読んで、このスピード …

IELTSリーディングT/F/NG問題の解き方

こんにちは。藤本です。 IELTSリーディングの特徴的な問題の1つにT/F/NG問題があります。 これは ・設問文が本文の内容と合致していればTrue ・設問文が本文の内容と一致していなければFals …

登録者1,000名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら