IELTS対策講座 目標スコアを突破し留学・移住を実現する方法

IELTSを頑張れば留学先、移住先の選択肢は広がります。ハードルはありますが、乗り越えられます。早くIELTSは卒業して世界で活躍する目標をカタチにしましょう。

IELTSライティング対策

IELTSライティングで手応えと結果にいつもギャップがある場合

投稿日:2014年8月7日 更新日:

magnifying-glass-68207_640

こんにちは。藤本です。

IELTSのライティングでかなり手応えある文章が書けたのに、いつも結果が思ったほど良くないという人はいませんか?

原因は色々あると思いますが、いつも思ったほど良くないというのは、何か大事なポイントを見逃している可能性があります。

その1つが設問の指示をしっかりと見ていないということです。

例えばアカデミックモジュールのTask1では

「Summarise the information by selecting and reporting the main features, and make comparisons where relevant.」

という指示が出ますね。

この指示に従っていない場合は、スコアが伸びません。

・主要な特徴を選択しろ
・(詳細ではなく)主要な特徴を述べろ
・関連箇所を比較をしろ

と言われているわけですから、その記述を入れます。逆に指示がないもの、例えば自分の見解などを勝手に入れてはなりません。

Task2は設問によって指示が異なりますが、例えば

「Discuss both these views and give your own opinion.」

と来た場合は、必ず

・両者の見解を述べる
・自分の意見を述べる

という指示を守ります。2つ指示があるわけですから、2つを分けて書くとよりクリアです。両者の見解を比較する部分と、自分の意見を述べる部分をあまりごちゃまぜにしていたりすると、指示を守っていないという評価になってしまいます。

書くことに一生懸命で、意外にこの指示をちゃんと見ていないケースがありますが、IELTSライティングの大事なポイントの1つです。

最後までありがとうございました。

IELTS攻略10日間無料メールセミナー
登録者数1,000名突破!
IELTS6.0~7.0を獲得するための10日間の無料メールセミナーを用意しました!

詳細はこちらから。
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

-IELTSライティング対策
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

自動詞と他動詞の違いをスッキリ理解する方法

こんにちは。藤本です。 今日はライティングでよく起こる英文法ミスの1つについて書いてみます。 それは「自動詞」と「他動詞」の混在です。 コレ、なかなか感覚的に分かりにくいみたいですね。 今日はこの違い …

いい表現を自分のものにする

こんにちは。藤本です。 IELTSライティングやスピーキングのスコアを高めていくには、様々な表現方法が使えるということを示していく必要があります。 と言っても、本番でいきなり今まで使ったこと無い表現を …

IELTSライティングで、流れを分かりやすくするために

こんにちは。藤本です。 ライティングでときどきあるのが、1文1文は、それなりにしっかりと書けているのだけれど、各センテンスのつながりがどうも分かりにくい、というケースです。 添削者も一人の読者として、 …

見たことない表現は大抵間違っている法則

こんにちは。藤本です。 今日はライティングの1つのマインドセットについて。 それは、 「自分で作った表現は大抵間違い」 ということです。 全部がそうとは言いませんが、自分がちょっとカッコ良さそうだと思 …

英語の勉強、初期、停滞期、成長期にそれぞれやったこと

こんにちは。藤本です。 前回投稿で私のスコア推移を公開して、そこに初期の順調な伸び、200点前後で停滞した時期、その後もう少し高い水準に伸びた時期、最後にひと伸びした時期があったことをお伝えしました。 …

登録者1,000名突破!
無料でIELTSの勉強をしたい人に
IELTS攻略10日間無料メールセミナー

ライティングで6.0の壁を突破したい人に
IELTSライティング講座

リーディングで7.0を目指す人に
IELTSリーディング講座

プロフィール

はじめまして。藤本政信と申します。   「IELTSで目標スコアを達成して、海外大学への留学や海外移住を実現したい」   そんな人のためのIELTS対策をお伝えします。   詳しい経歴はこちら